我が家の「お宝」

 屋外に積んである薪の間には、特に雪の季節にはスズメが巣を作っていたりするのですが、実は 『それ以外のモノ』も潜んでいるのです。


 それは、スズメたちにとっては大変危険なモノ!、ヘビです。


 スズメ達がここで冬をしのいでいる間は、幸いにもヘビは地中で冬眠中でしょうから、無事に春を迎えられるのではないかと思っています。


 庭では、ヘビそのものも何度か目撃していますが、こんな立派な抜け殻も見つけました。


b0097183_218939.jpg
                   全長120cm強


b0097183_20495811.jpg



b0097183_2050936.jpg



 抜け殻を見つけたのはこれで3匹目(それとも3枚目?、3本目?)で、これまでは破れていたり、ボロボロだったりでしたが、3度目の正直で、まったく傷の無い素晴らしいものを見つけました。


 しかも脱皮して間もなくだったらしく、頭の部分はまだ濡れていたのを、ゆっくりと広げて形を整えましたが、人間が頭から裏返しに洋服を脱いだような様子にみえます。


 以前の破れてしまった抜け殻は、『ヘビの脱皮殻は財布に入れておくと現金が貯まるとの伝承』があるとのことで、希望者に譲りましたが、この完璧な抜け殻は我が家のお宝として保存しています。


 とてつもない大金が貯まるかも?



[PR]
# by tsukitom | 2016-09-02 10:44 | 趣味 | Comments(1)

我が家の「動物事情」

 北海道らしくない、蒸し暑い日が続いて、少々グッタリしています。


 早く本来の北海道の夏が戻ってきてほしいです。



      *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆



 この2、3か月の間に、いろいろな「お客様」が見えましたが、こんな可愛いお客様は大歓迎です。


b0097183_21505140.jpg


 ヤマバトのカップルでしょうか?
 
 写真を撮る直前は3羽いたので、家族かも?



b0097183_21511133.jpg



 まだクチバシの横が黄い、巣立ったばかりと思われるスズメの雛たちがバードテーブルで休憩中。



b0097183_21514523.jpg


 午前4時頃、珍しく目が覚めて外を見たら、夏毛のウサギが来ていました。

 大急ぎでカメラを構えましたが、32倍望遠のせい?、寝ぼけていたせい?、ピンボケです。



b0097183_2151595.jpg


 ベランダの人感センサーでライトが点灯、恐る恐る覗いてみたらタヌキ(?)がバードテーブルの中に入り込んでいました。

 3年前の冬に、同じようにバードテーブルに入り込んでいたのは、シマシマの尾からアライグマだと思いますが、この子もアライグマ??、それともタヌキ??


b0097183_21521386.jpg



 一昨年の春、ビッコを曳きながら庭を歩いていたキタキツネ、今年も元気です。


 左の前足の先が欠損、その特徴から個体が特定しやすく、近所でも有名です。


 不自由な体で、厳しい北海道の冬を乗り切ってきたようですので、交通事故にあったりしないで天寿を全うしてほしいと思っています。




  

[PR]
# by tsukitom | 2016-08-01 22:44 | 動物・ペット | Comments(4)

ニセコ町民ヘリコプター遊覧!


 クジ運は余り良いとは思えないのですが、この度、ニセコリゾート観光協会主催の「ヘリコプター遊覧ーニセコ町民8組16名様ご招待!」という企画に応募した処、当選してしまいました!!!


 それも、申込み締切日に偶然チラシを見て、当りっこないなぁ・・・、と期待もせずに応募したのですから、吃驚です。


 いやぁ、こんなこともあるのですね!


b0097183_14252742.jpg



 ところが、前日からどんよりとした曇り空、予報では当日は雨かも?という状況でした。


 前日夕方の主催者からの連絡では、雲が低すぎて、前もって洞爺湖から移動してくる筈のヘリコプターがニセコまで飛ぶことができず、万一の場合は搭乗時間の変更、若しくは日延べもありとの事でしたが、幸い予定通り実施されました。





 ただ、当初の予定ではニセコアンヌプリ、羊蹄山を空から見ようという事のようでしたが、生憎アンヌプリも羊蹄山も中腹から上は厚い雲の中で、急遽ニセコ町内遊覧に予定変更となり、お蔭で我が家を上空300mから眺めることができました。


b0097183_14264312.jpg



 アンヌプリ、羊蹄山からの景色は折に触れてテレビ等でも見ることがありますが、ニセコ町内や我が家は・・・・。





 却って、得した気分の遊覧飛行でした。


 なお、このヘリコプター遊覧体験は8月31日まで有料(一人6,500円)で提供されているそうです。


 


[PR]
# by tsukitom | 2016-07-18 14:28 | | Comments(4)

すっかり夏になりました


 3か月ぶりの更新です (^_^;)

 まぁ、いろいろとありまして・・・・・ (^_^;)

 今日から3連休、ニセコは思ったよりも混み合ってはいません。


b0097183_16514113.jpg
              今朝のニセコアンヌプリ


 今日だけ、ニセコ町民(倶知安町民も?)は、通常1100円のニセコアンヌプリのゴンドラが500円で乗れると、友人からの情報があったので、早速行ってきました。


b0097183_16521016.jpg



b0097183_1652273.jpg
          山頂の風は冷たくて、肌寒いくらい。


    *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ 


 3連休の最終日、楽しみにしているイベントに参加できることになったのですが、どうやらお天気は雨模様。

 このイベントは雨だと楽しさが半減ですが、アップできることを祈っています。




 

[PR]
# by tsukitom | 2016-07-16 16:58 | 自然 | Comments(0)

春に浮かれて


 春に浮かれて、札幌~広島~道後~小倉~博多と、気が付けば12日間もニセコを留守にしていました。


 出かける日のニセコは、夜のうちに降った雪で一面白くなっていましたが、帰って来た時には庭の隅のフクジュソウが満開、スイセンの蕾も膨らんでいます。


b0097183_20165110.jpg



b0097183_2017686.jpg



    *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


 もう満開は過ぎてしまったらしい弘前公園のお花見に行く為に、友達と函館で待ち合わせていますが、私は少し早めに函館入りをしました。


 今日、函館港には日本郵船の豪華客船、『飛鳥Ⅱ』が入港しています。


b0097183_20214894.jpg



 今夜は停泊するのか、夕焼けの空に電飾が煌めいています。


b0097183_202276.jpg



b0097183_20222075.jpg



 5月5日には商船三井客船の『にっぽん丸』が松前に入港予定だそうですし、北海道の観光シーズンが始まりました。


 明日は、五稜郭公園の桜を見に出かけてみます。



[PR]
# by tsukitom | 2016-04-27 20:31 | | Comments(1)

4月にはなったけれど

 関東の桜は満開を過ぎ、桜前線は北上しつつあるのでしょうが、ニセコの春にはもう少し日にちが掛かりそうです。

 
b0097183_13594189.jpg



4月6日の羊蹄山は5合目あたりまで白くなったままですが、庭の雪は半分融けだしています。


b0097183_145177.jpg



 除雪車が積み上げた雪山はまだまだ高いです。


b0097183_1453592.jpg



 今日4月11日は、昨夜から引き続きの雪で、また白くなっています。


b0097183_1462129.jpg



 例年の桜の開花は5月、ゴールデンウィーク明けですが、今年は早まるのではないかと楽しみにしています。



      *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


 写真は、東京の友人が送ってくれた六義園の枝垂れ桜です。


b0097183_147649.jpg



[PR]
# by tsukitom | 2016-04-11 14:07 | 自然 | Comments(4)

「くろふね」

 1993年に放送されたNHKドラマの『エトロフ遥かなり』を途中から見たのがきっかけで、原作の『エトロフ発緊急電』を読んだのが、作家の佐々木譲氏を知ったきっかけです。


 その『エトロフ・・・・』は佐々木譲氏の第二次世界大戦三部作の2番目にあたるもので、その後、時代順にいうと最初の『ベルリン飛行指令』、3番目となる『ストックホルムの密使』も読みました。


 佐々木氏は北海道警察を舞台にした「道警シリーズ」が有名ですが、幕末の浦賀に来航した黒船に乗り込み、ペリーと最初の交渉にあたった与力、「中島三郎助」を主人公にした小説『くろふね』も面白く読みました。


b0097183_12313757.jpg



 中島三郎助は、その後、長崎海軍伝習所の第一期生となり、勝海舟や榎本武揚らとともに、造船学や航海術、砲術を学んだのち、 戊辰戦争では幕臣として息子の恒太郎・英次郎とともに、榎本武揚らに合流、箱館政権では箱館奉行並となり、 最後は五稜郭を守る最終拠点の千代ヶ岡陣屋を守り抜こうと奮戦、二人の息子とともに戦死した実在の人物です。


b0097183_12323561.jpg



 函館には彼を記念した「中島町」があり、当時の千代ヶ岡陣屋跡(現、千代台公園)の近くに碑が建っていますが、その隣に「クロフネツツジ」が植えてあったのは偶然かしら?と思ったことでした。


b0097183_1233840.jpg



b0097183_12333441.jpg



 余談ですが、2014年1月に、ニセコ町で佐々木譲氏の講演会がありました。


 本当は外出はしたくないほどの吹雪の夜でしたが講演を聴きに行き、一番気に入っている作品の「くろふね」にサインを戴きました。


b0097183_12355322.jpg










[PR]
# by tsukitom | 2016-04-03 13:03 | 趣味 | Comments(0)

神田川・日本橋川クルーズ


 生まれ育った広島市は太田川と、その支流の河口に発達した三角州(デルタ地帯)の上に位置する町で、一級河川6本が市内を流れています。


 身近に川が流れ、どこへ行くにも必ず橋を渡るという町で育ったせいか、川が大好きで、東京で住んだのもやはり荒川、隅田川の傍でした。


 東京へ行くと毎回必ず隅田川クルーズ船には乗るのですが、12月にはお目当ての『ヒミコ』にほんの僅かの時間差で乗ることができず、残念な思いをしたのですが、今回は幸い、運航日が限られていて、なかなか乗るチャンスがなかった神田川・日本橋川のクルーズを楽しむことができました。


 日本橋の袂の船着き場から出発、40本の橋の下をくぐって進むと言うもので、川好き、橋好きの私にとっては、結構寒いけれども、とても楽しい時間でした。


 渡ったことのある橋、名前を知っている橋は勿論、それらの殆どが下から眺めるのは初めての橋です。

   
 
b0097183_14135174.jpg
                  記念にもらったクリアホルダー


  先ずはお江戸日本橋を出発
b0097183_14162956.jpg



 日本橋川にかかる高速道路の下の常盤橋
b0097183_14181861.jpg



 その付近では江戸城の石垣の補修工事が行われていました。
b0097183_14195320.jpg



 途中の橋には「大正7年」と刻まれたレリーフや、
b0097183_14503243.jpg



関東大震災後に修復されたことを示す「復興局建造」と書かれたプレート、
b0097183_1450513.jpg



江戸時代からの排水溝等、興味深い物を見ることが出来ました。
b0097183_1451101.jpg



 雉子橋俎板橋などを過ぎ、三崎橋からは神田川へ。


 地下鉄丸ノ内線後楽園駅から球場に行くときに渡る聖橋は、近くの湯島聖堂ニコライ堂、二つの聖堂を結ぶ橋という事で名づけられた、好きな橋の一つです。
b0097183_14514445.jpg



 ちょっと前までは交通博物館として利用されていた旧万世橋駅、今はショッピングモールです。
b0097183_14534798.jpg



 神田川から、時代小説でおなじみの柳橋を過ぎて隅田川
b0097183_14541295.jpg



 新大橋越しに見る東京スカイツリー
b0097183_14542975.jpg



 永代橋と、佃のリバーシティ21の高層マンション群
b0097183_14544890.jpg



 永代橋の手前から日本橋川に戻り、帆掛け船のレリーフのある橋は湊橋
b0097183_1455469.jpg


b0097183_14551535.jpg




 寒いと言いながらも楽しんでいるうちに90分のクルーズはアッと言う間に終わりました。


 次回は橋の名前と姿が一致するようにしっかりと見てきたいと思っています。






[PR]
# by tsukitom | 2016-03-19 10:26 | | Comments(1)

マンサク

 函館の亀田川沿いに1本だけある「マンサク」の花が咲いていると聞き、探しに出かけてみました。


 頼りは、「宮前町の亀田川沿い」という情報だけで、その日は残念ながら見つけることができませんでしたが、割合暖かい日でしたので約4キロ程の散歩を楽しみました。


 以来、気にしていたのですが昨日、なんだかお蕎麦が食べたくなって寄ったお店の裏で偶然にマンサクを発見しました。


b0097183_16255094.jpg



 このお店には時々行っていたので、まさに「灯台元暗し」でした。


b0097183_16263696.jpg



 丁度お昼時とあり、店内が混んでいましたので、おひとりで座っていらっしゃる70歳後半かと思われるご婦人にお断りして、隣に掛けさせていただきました。


 ご迷惑ではありませんか?と伺ったところ、とんでもないとおっしゃて下さったので、待つ間、少しお話を楽しみました。


 このご婦人は、ここのマンサクの事はよくご存じでしたので、函館の方には知られている木なののかもしれません。


 この木の事を話題にしたブログを何件も見つけましたので、皆さん、私と同じころにここを訪ねていらしたのですね。


 名前の謂れは、春一番に咲くことから、東北の方言で「まんず咲く」が変化して「マンサク」になったと聞きました。


b0097183_16265256.jpg



 花言葉は「幸福の再来」、春一番、幸福の再来、もうすぐ春ですね。




[PR]
# by tsukitom | 2016-03-10 16:33 | 植物 | Comments(0)

3月3日

 3月に入り、やっと「2016年」と言ういい方に慣れてきました。


 1996年に父が亡くなって20年、2006年に母が亡くなって10年になります。


 今、同年代の友人に会うと、親の介護が話題になる事が多いのですが、両親とも70歳代で亡くなりましたので、介護の苦労はそれほどなかったものの、やはり大変ではあっても、もう少し長く一緒に居たかったと思います。


 あまり外出することのなかった母の趣味は手芸で、入院中もセーターを編んだり、刺しゅうや、レース編みをしていました。


 今年も、母が元気だったころに作ってくれた木目込みのおひな様を飾りました。


 何度かの引越しのせいで、付属の「ぼんぼり」や「屏風」をなくしてしまいましたので、造花の桃を添えてみました。


 
b0097183_11464082.jpg



 「立雛」、「連獅子」、「童人形」などは人に差し上げたりして手元には無いのですが、せめて写真位は残しておけばよかったと、母の居ない今になって思っています。


           *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆



 25年以上も前に、オランダの取引先から勤務先に送られてきたアマリリスの球根を社員で分けて持ち帰りましたが、今年も次々に大きな花を咲かせてくれました。


 
b0097183_11445221.jpg
                


 
b0097183_11451352.jpg




 3鉢のうち、1本の茎に2つ花をつけるもの、3つつけるもの、4つつけるものとがあり、ほんのわずかな違いですが、オレンジとの2種類があります。


 時々肥料を与える程度で、植え替え等の手入れは全くしていないのですが、毎年律儀に花をつけてくれます。



[PR]
# by tsukitom | 2016-03-03 11:39 | 生活 | Comments(8)

ITOYA

 知り合いの方から「中島みゆき」さんのコンサートのチケットを譲って戴き、東京へ行っていました。


b0097183_1112144.jpg



 彼女は北海道出身で、小学生の頃の一時期、ニセコの隣の共和町に住んでいらしたという事を最近知りました。


 彼女はTVにも殆ど出演されないし、勿論コンサートは初めてでしたが、「歌」と「語り」のギャップに驚きました。


 それに私とは「ほぼ」同世代ですが、何しろ、見た目だけでなく、総てが若いのです!!。

 
 5000人収容の東京フォーラムのAホールが満席で、会場に入る前に書いたコメントを紹介するコーナーがあったのですが、京都から1泊で来たという人など、東京以外からの観客が6割以上はあったような感じでした。


 北海道からの私は、広島からの妹と二人で、コンサートの後の数日をブラブラしてきました。


         *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆



 北海道に来る前、出勤途中にある銀座のITOYA(文房具専門の老舗です)には、暇なとき、待ち合わせの時間調整、そして年末にはお気に入りのカレンダーを求めにと、よく通いました。


 以前は確か6階建てだったと思うのですが、去年新しいビルに建て替わり、12階建てになっていました。


b0097183_11165456.jpg



 赤い大きなクリップが看板だった中央通り(銀座通り)に面した店舗はG.ITOYAとなっており、赤いクリップは以前と同じ、あずま通りに面した店舗はK.ITOYAとして、こちらの看板は以前にはなかったと思うのですが、黒い大きな万年筆でした。


b0097183_11171020.jpg



 何時間いても飽きないITOYAですが、私には以前のお店の方が親しみやすかったような気がします。


 


 


 


 
[PR]
# by tsukitom | 2016-02-23 11:22 | 趣味 | Comments(4)

一ツ木関門

 函館と言えば五稜郭、そして必ず土方歳三の名前が上がると思います。


 毎年5月に行われる函館五稜郭祭では、優勝賞金10万円を掛けた「土方歳三コンテスト」も行われています。


 その土方歳三終焉の地、「一ツ木関門跡」を初めて訪ねてみました。


 函館の観光案内にも詳しい地図は載っていなくて、何度か探してみたものの、近くまで行きながら惜しくも見過ごしていました。


b0097183_13302818.jpg
             観光協会等で貰える「函館まちあるきマップ


b0097183_13304976.jpg
           土方歳三最後の地から五稜郭までは4.1Km
         (途中の中島三郎助最後の地までを歩いてみました)


         *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


 やっとたどり着いた一ツ木関門跡は、「線香が絶えない・・・」と聞いていましたが、やはり冬場は訪れる人とも少ないらしく閑散としていました。


b0097183_1331968.jpg
                再現された一ツ木関門と慰霊碑


 そばに植えられた赤松の枝では雪を避けたスズメたちがにぎやかにさえずり、幕末の京都・会津・函館などを忙しく駆け抜けたさすがの土方歳三ものんびりと眠っているだろうと思いました。


b0097183_13312890.jpg


 但し、今も彼の遺体(遺骨)は見つかっておらず、広い五稜郭のどこかで眠っているのではないかと言われています。


 その場所が発見されれば大ニュースになることは間違いなく、見つかることを望んでいる一人です。



[PR]
# by tsukitom | 2016-02-17 18:07 | 趣味 | Comments(3)

月光仮面


 テレビ番組もまだまだ少なかった小学生の頃、夕方から放送される「月光仮面」を楽しみにしていました。


 少し調べてみましたら、放送されていたのは1958年2月から1959年7月までの、約1年半だけだったようですが、半世紀以上が経った今でも「月光仮面」の、「どこのだれかは知らないけれど」で始まる主題歌は歌えます。


 先日、函館駅近くを歩いていたら、雪に覆われたグリーンベルトの中に月光仮面の像を発見しました。


b0097183_11335576.jpg



 隣の説明板によると、原作者の川内康範氏は函館の出身で、氏から寄贈されたとありました。


b0097183_11403933.jpg



 函館と言えば、函館山、開港当時の洋館、石川啄木、五稜郭をはじめとする函館戦争関係、朝市、海鮮等を思い浮かべますが、他にも色々ありそうです。






 
[PR]
# by tsukitom | 2016-02-09 11:40 | 趣味 | Comments(7)

盲導犬


 最近、雪の中を外出するのが億劫で、自宅にこもってばかりいたせいか、なんとなく閉塞感と運動不足を感じていました。


  昨日は、気温は低いものの風のない晴れた一日でしたので、思い切って町を散歩、前々から確認しておきたかった場所を探して、約3キロ程を歩きました。


 ずっと積もったままの雪が、人通りの多い部分は半分融けてシャーベット状になっていたり、逆に日陰は凍ってツルツツになっていたりの凸凹道路を、足元に集中しながら歩くのは結構骨が折れましたが、気分は爽快でした。


 途中、休憩をした場所で、盲導犬を連れた方にお会いしましたので、声を掛けて写真を撮らせて戴きました。


b0097183_157421.jpg



 彼(彼女?)はお仕事中ですから、触ったりはしませんでしたが、ニセコに来ると同時に、千葉県のシェルターから我が家の子になった2頭の犬達を思い出しました。


b0097183_1511965.jpg

         ニセコに来た2006年当時、既に13歳だった姉妹犬です。


 ニセコに住んだら犬を飼おうと決めていましたので、そのシェルターを運営している知り合いから推薦(?)された2頭を引き取ることを、彼女らに会わずに決めましたが、本当にいい子たちで、私達とも、我が家に居た猫達ともすぐに仲良くなれました。


 その犬達も、猫達も天寿を全うして今は動物の居ない生活ですが、いろいろ考えた結果、もう動物を飼うことは止める決心をしました。


 その代わりという訳ではないのですが、北海道盲導犬協会『シニア犬サポーター』をすることにしました。


b0097183_1584044.jpg



 送られてきた「Member's Card」が気に入って、いつも持ち歩いています。


b0097183_159378.jpg



 偶然ですが、カードに記載された入会日の2015年5月27日は、我が家の最後の猫が18歳10か月で天国に旅立った日です。


 
 

 

[PR]
# by tsukitom | 2016-02-05 15:14 | 趣味 | Comments(4)

熱帯植物園(温泉に浸かるサル達)

 函館市の湯の川温泉近くに市立熱帯植物園があり、そこに展示されているサルたちは、毎日温泉に浸かる生活をしていると言うので、見に行ってきました。


b0097183_11341261.jpg



 真冬の北海道ですが、さすがに熱帯植物園の建物内はムッとする空気でブーゲンビリアやハイビスカス、蘭や巨大なサボテン等が所せましと茂り、一時寒さを忘れさせてもらいました。


b0097183_11345998.jpg



b0097183_11352688.jpg



b0097183_11431448.jpg







 目当ての「温泉に浸かるサルたち」は植物園の門を入ってすぐの屋外、つまり雪見をしながら露天風呂(!)に浸かっていました。


b0097183_11364779.jpg



 湯船に入る時も、出る時も、気持ちよさそうに湯の中に居る時も、全く人間と同じしぐさを見せるのには、笑ってしまいました。




b0097183_1137250.jpg



b0097183_11372211.jpg



 スピーカーでは、自然界では北海道には生息していないサルに、湯の川温泉の湯を利用して暖を取るようにしたこと、彼らの見せた数々のエピソードなどが流され、大人も結構楽しめます。


 これまで何度か函館には足を運んでいますが、定番の五稜郭公園、津軽海峡と函館湾を見渡せる函館山、明治時代の建物が多く残る西部地区とは少し変わった、今回の帯植物園も楽しめました。


 湯の川温泉街から直ぐの場所ですから、湯の川温泉にお泊りの際には一度訪ねてみるのもお勧めです。



 

[PR]
# by tsukitom | 2016-01-22 15:57 | | Comments(3)

北海道新幹線

 今日、1月17日は、阪神淡路大震災から21年目ですね。


 当時、連日連夜、刻々と報道される惨状に心が痛んだことを、今も忘れられません。


 *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


 何十年も前からの北海道の悲願である『北海道新幹線』が、69日後の3月26日、遂に開業します。


 とはいえ、広大な北海道の入り口である函館までの開通であり、札幌までの延伸は15年後の2030年の予定ですから、自分自身は果たして新幹線を利用して旅行を楽しむことができるかどうか?、とも思いますが・・・・。


 新駅の(新函館北斗駅)は、函館市に隣接の北斗市に位置し、函館駅までの約18キロメートルは「はこだてライナー」(快速)で約17分、各駅停車で約20分の予定です。


 北海道では、開通に向かってじわじわと盛り上がっているようで、定員3,000人の試乗会には、9倍以上の28,300人の応募があったとか。


 試乗会は2日間で計5回、新函館北斗駅~木古内(きこない)駅間の片道35.5キロ(約13分)を往復することになっているそうです。


b0097183_15553749.jpg

     函館市内のデパートで見かけた、ペットボトルキャップを張り付けたボート


b0097183_17345027.jpg

               そして、JR特急列車の中吊りです。
[PR]
# by tsukitom | 2016-01-17 17:44 | | Comments(2)

レンゲソウ

 小学校低学年の頃は父の仕事の関係で、『安芸の小京都』、と言うよりもNHK朝の連続テレビ小説、『マッサン』の故郷と言った方が通りがいいかと思いますが、広島県竹原市に住んでいました。


 竹原市はマッサンで全国にその名を知られましたが、『日本外史』の著者賴山陽の祖父、賴惟清の旧居等を始めとする古い建物、マッサンゆかりの酒蔵など、江戸時代そのままの街並みが残っています。


 大林宣彦監督、原田知世さん主演の映画、『時をかける少女』にはその街並みの中心に位置する胡堂西方寺の石段などが出てきます。

 
 シャープのソーラーパネルのCMで吉永小百合さんが立っているのがその石段です。


 子供の頃の3年間だけを過ごした街ですが、たくさんの思い出が詰まっています。


 その中で、今でも懐かしく思いだすのは、一面が濃いピンク一色に染まるレンゲ畑です。


b0097183_15445137.jpg

                 (写真、お借りしました)


 レンゲ草は、春先に咲く一年草で、田圃の肥料として植えられ、田起こしの時に土に鋤き込まれるのですが、今では広島の田舎でもあまり見ることはないそうです。


 長い思い出話になってしまいましたが、最近レンゲ草模様のティーカップを手に入れ、早春のレンゲ畑を思いながらお茶を楽しんでいます。


b0097183_15383593.jpg



b0097183_15385214.jpg



         *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


 訂正を一つ。


 Wikipediaで調べてみましたらレンゲソウ越年草だそうです。


 


[PR]
# by tsukitom | 2016-01-07 15:47 | 趣味 | Comments(2)

2016年、あけましておめでとうございます。

 昨年は、大事なものをなくしてしまったりと、悲しい出来事もありましたが、何とか元気に過ごすことが出来ました。



        2016年は、皆様にも、自分自身にも、
         良い年になりますように。




b0097183_11151863.jpg








[PR]
# by tsukitom | 2016-01-01 11:17 | 生活 | Comments(2)

ちょっとだけ江戸

 今回の東京では、昔気に入って何度も足を運んだ場所を尋ねてみました。


               テーマは『江戸


 先ずは江東区白河にある『江戸資料館』で、江戸時代の江戸深川、まさにこの資料館のあたりの街並みを実物大で再現してあり、魚のボテ振り(行商人)、三味線のお師匠さん、大工の一家の住む長屋を始め、八百屋、米屋、船宿には部屋の中に上がって、触ってみることができます。


 実物大の船着き場、火の見櫓、二八蕎麦屋や天麩羅屋の屋台もあり、長屋の屋根の上では猫が昼寝をしていたりする、大人も子供も楽しめるテーマパーク風です。


b0097183_1833114.jpg



 そのすぐそばの、寛政の改革を行った松平定信の墓のある霊巌寺では、近所の方々と、町内の相撲部屋の力士たちによる餅つきが行われていましたが、終わってしまったところで、残念!


b0097183_1757144.jpg



 次の両国の江戸東京資料館では、偶然にも豊年斎五代目家元、櫻川ぴん助一家による『かっぽれ』の実演が行われていました。


 『かっぽれ』と言う江戸芸能の事は知っていたものの、実際に観るのは初めてなので、ちょっと得した気分でした。


b0097183_17572480.jpg


 写真の右で踊っていらっしゃる方は94歳だそうですが、片足立ちもしっかりとなさっていましたし、体を動かすことは元気の秘訣なのですね。


 寒いからと、ついつい引きこもりがちなわが身を反省しきりでした。




[PR]
# by tsukitom | 2015-12-31 18:17 | | Comments(2)

帰ろうかなぁ・・・・

 実は、生まれと育ちは広島市、その後、東京で暮らし、北海道の住人になってからは10年が過ぎようとしています。


 暮らした年数は、東京 ≫ 広島 ≫ 北海道 の順になります。


 先日、東京駅で見かけた広告に、思わず『帰ろうかなぁ・・・・』と思ってしまいました。


b0097183_17451962.jpg




b0097183_17453489.jpg



        *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


                     警視庁の広告もありましたよ


b0097183_17512822.jpg

[PR]
# by tsukitom | 2015-12-26 17:47 | | Comments(4)


2006年4月、東京から羊蹄山の麓、ニセコ町に引っ越し、の~んびり暮らしています。


by tsukitom

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新のコメント

立派な抜け殻ですね。模様..
by 匿名希望 at 20:55
★ グランパさん、お久し..
by tsukitom at 10:34
★ operaさん、キタ..
by tsukitom at 10:33
頑張れ! キタキツネ!!..
by opera at 21:24
あの餅網のようなバードテ..
by グランパ at 19:00
★ operaさん、向い..
by tsukitom at 22:05
★ グランパさん、そうそ..
by tsukitom at 22:03
ツイテますね。 庭で馬..
by opera at 12:42
いやぁ~ 生憎の天候で良..
by グランパ at 18:32
素晴らしい景色ですね。 ..
by グランパ at 22:04
ああ! あの子が亡くな..
by tsukitom at 05:49
残念! 函館マラソンは..
by opera at 04:51
6月26日に函館マラソン..
by tsukitom at 20:49
お庭が広い! 馬を飼え..
by opera at 17:20
川から見る景色は川の上か..
by グランパ at 18:11
★ グランパさん、それは..
by tsukitom at 10:21
そういえば、母親への想い..
by グランパ at 23:55
★ グランパさん、ありが..
by tsukitom at 00:19
お母様手作りの木目込みの..
by グランパ at 17:10
★ O.B.さん、色々な..
by tsukitom at 21:37

お気に入りブログ

『ココんちの(3+1)+...
『ログハウス、今日はどこ...

外部リンク

ライフログ

野の花さんぽ図鑑

野の花さんぽ図鑑―木の実と紅葉

日本の生きもの図鑑

自然暮らしのレシピ

箱館五稜郭物語

北海道野鳥ハンディガイド

カテゴリ

全体
動物・ペット
植物
自然
趣味

生活

グルメ
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
北海道

画像一覧