3月3日

 3月に入り、やっと「2016年」と言ういい方に慣れてきました。


 1996年に父が亡くなって20年、2006年に母が亡くなって10年になります。


 今、同年代の友人に会うと、親の介護が話題になる事が多いのですが、両親とも70歳代で亡くなりましたので、介護の苦労はそれほどなかったものの、やはり大変ではあっても、もう少し長く一緒に居たかったと思います。


 あまり外出することのなかった母の趣味は手芸で、入院中もセーターを編んだり、刺しゅうや、レース編みをしていました。


 今年も、母が元気だったころに作ってくれた木目込みのおひな様を飾りました。


 何度かの引越しのせいで、付属の「ぼんぼり」や「屏風」をなくしてしまいましたので、造花の桃を添えてみました。


 
b0097183_11464082.jpg



 「立雛」、「連獅子」、「童人形」などは人に差し上げたりして手元には無いのですが、せめて写真位は残しておけばよかったと、母の居ない今になって思っています。


           *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆



 25年以上も前に、オランダの取引先から勤務先に送られてきたアマリリスの球根を社員で分けて持ち帰りましたが、今年も次々に大きな花を咲かせてくれました。


 
b0097183_11445221.jpg
                


 
b0097183_11451352.jpg




 3鉢のうち、1本の茎に2つ花をつけるもの、3つつけるもの、4つつけるものとがあり、ほんのわずかな違いですが、オレンジとの2種類があります。


 時々肥料を与える程度で、植え替え等の手入れは全くしていないのですが、毎年律儀に花をつけてくれます。



[PR]
Commented by グランパ at 2016-03-03 19:18 x
親孝行したくとも親はなし、とよく言われますね。
今は平均寿命が伸びてますから人によりますが、ずっと親と一緒なんていう家庭もあるかもしれませんね。
むしろ親より子供の方が早かったりしたら親不孝ですね。

「アマリリス」という響きが何故か懐かしく感じます。
Commented at 2016-03-04 01:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tsukitom at 2016-03-04 21:28
★ グランパさん、3世代同居というご家庭は少なくなりましたが、とてもうらやましいことでもあります。
ご家族を守っていらっしゃるご主人は勿論、奥様を尊敬します。

子供としては自信の健康に充分留意して、両親を見送る義務がありますね。
Commented by tsukitom at 2016-03-04 21:37
★ O.B.さん、色々なご家庭、ご家族があり、それぞれに違った思いがありますね。

小学生の時、夏休みに書いていた「絵日記」という程度のもの、そして気まぐれの更新ですけれども、宜しければこれからもお付き合いください。
Commented by グランパ at 2016-03-05 17:10 x
お母様手作りの木目込みのお雛様、今この世に持ってる人は極少ないと思います。
これからも一生の宝物ですね。もう絶対に引っ越しの時に無くさないでください。
それにしてもお母様はとても手先が器用な方だったのですね。驚きです。
Commented by tsukitom at 2016-03-06 00:19
★ グランパさん、ありがとうございます。
他にも、手編みのセーターなど、殆ど着ることはないのですが
処分できずに困っている(お母さん、ごめんなさい)物があります・・・・。
Commented by グランパ at 2016-03-07 23:55 x
そういえば、母親への想いを語る方々は多いのですが、父親が語られることが少ないことには少し寂しい思いがしますね。
Commented by tsukitom at 2016-03-08 10:21
★ グランパさん、それは気の毒ですが、あきらめるしかない????
お孫さんに期待して!!
by tsukitom | 2016-03-03 11:39 | 生活 | Comments(8)