北海道最南端

 函館から松前への国道228号線は、左手に津軽海峡を眺めながらのコースです。

 途中には北斗市の「七重浜温泉」、木古内町(きこない)の「美裕温泉」、知内町(しりうち)の「こもれび温泉」、「知内温泉」等の看板に気持ちをひかれながらのドライブです。

 途中の木古内(きこない)町サラキ岬には、明治4年(1871年)北海道へ移住の旧幕臣400名余りを載せて小樽への航海中、暴風雨によりこの沖で遭難し、沈没した咸臨丸のモニュメントがあります。

b0097183_103557.jpg


b0097183_10353015.jpg


 オランダで造船された咸臨丸にちなんでか、今はチューリップの咲く公園になっています。

 知内(しりうち)町中心部からは内陸へと入り8キロ程走ったところに、青函トンネルから地上に出てくる北海道新幹線を見ることのできる「道の駅しりうち」があります。

 タイミングよく本州からの新幹線が目の前を通過していきました。

b0097183_10361179.jpg


 ここから16~17キロ程の福島町中心部で、再び海岸線に出ますが、ここには青函トンネル記念館があります。

b0097183_10375959.jpg


b0097183_10382212.jpg


b0097183_10383994.jpg


 吉岡海底駅は、竜飛海底駅とともに、青函トンネル内に設置されたJR北海道津軽海峡線の駅の駅でしたが平成26年3月14日に閉鎖されたそうです。

b0097183_10385019.jpg


 ここから10キロ程で、北海道最南端の白神岬に到着、突端には数台の駐車スペースがあり、この碑が建っています。

b0097183_10403586.jpg


 少し先の白神岬展望台にからは、遠く青森県津軽半島を望み、山頂に雪を残した岩木山も観ることが出来ました。

b0097183_10405123.jpg


b0097183_1618171.jpg


b0097183_10422053.jpg


 最終目的地の松前城公園まで、残り9キロです。

    *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 いつか、津軽半島の竜飛岬からも北海道を眺めてみたいと思っています。

[PR]
Commented by グランパ at 2017-05-07 13:15 x
海底駅と言うことは、津軽海峡の海の下に駅があるのでしょうか?
何の為に海底に駅を作り、どんな人がその駅を利用するのでしょうね。
列車から乗り降りする人達は皆さん潜水具を持っていらっしゃるのでしょうかね。
Commented by tsukitom at 2017-05-07 16:03
★グランパさん、
私もその点が疑問でしたので調べてみました。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

「北海道側の吉岡海底駅、青森側の竜飛海底駅の両駅は、非常時の旅客避難所および保線基地、トンネルの維持に必要な各種機械類の設置を目的として計画され、1988年(昭和63年)3月13日の海峡線(津軽海峡線)開業時に青函トンネル内に設置された駅の一つであったが、一般的な意味での「駅」とは異なり、海底駅見学整理券を持った見学者以外の一般旅客の利用はできず、また非常時と(保守・工事に従事する)係員以外、地上への出入りも不可能であった。

北海道新幹線の建設工事着工に伴い、吉岡海底駅がその資材基地として使用されることが決定したため、2006年(平成18年)3月18日のダイヤ改正をもって同駅への定期列車の停車を中止され、イベント開催時の臨時列車のみの停車となった。

同年8月28日からは、団体ツアーなどの臨時停車を除いて、営業列車の停車が一本もない長期休止駅となっていたが2014年(平成26年)3月15日のダイヤ改正をもって正式に廃止された。

廃止されるまでは、海面下149.5mの世界一低い位置にある鉄道駅であると同時に、北海道内最南端の駅でもあった。」

と、ありました。
Commented by グランパ at 2017-05-07 17:29 x
疑問が100%解決されました。
ありがとうございました。
早く竜飛岬に行けるとよいですね。
by tsukitom | 2017-05-07 10:15 | | Comments(3)