口無沼散策

 支笏湖ビジターセンターでは、「支笏湖における自然との出会い、ふれあい」をテーマに一年を通じさまざまな、『自然ふれあい行事』という事業が展開されています。

b0097183_132865.jpg


 今年の5月には紋別岳ハイキングに参加、ビジターセンターの職員の方の案内と説明で楽しい時間を過ごしました。

 10月中旬、今年最後の開催となる『口無沼散策』に参加しました。

 


 口無沼は、樽前山山麓にある周囲4キロメートル、幕末から明治にかけての蝦夷地探検家で、「北海道」の名付け親でもある松浦武四郎も訪れたと言う沼で、国道276号線(通称樽前国道)から、林道を5キロほどクネクネと進んところにありました。

 昭和50年代には遊歩道も整備され、市民に楽しんでもらおうという場所だったそうですが、当時、沼に掛っていた木橋も今は橋げたを残すだけとなっていました。

b0097183_135565.jpg


 職員の方の説明で、一人ではみつけることもできなかっただろうクマやシカの糞、発情期を迎えた雄シカのヌタ場(ば)も見ることができました。

 クマは主に木の実等を食べているうえに消化機能がよいので、その糞は臭くないということでしたから、試しに匂ってみましたが、そのとおり全く臭くはなく、職員の方の説明通り寧ろ香ばしい(?)香りがしたのは意外でした。

b0097183_1361061.jpg
           混ざっているツブツブは木の実の種です。


b0097183_1385219.jpg


 発情期を迎えたシカが、水飲み場の泥に体にこすりつけ縄張り主張のマーキングをした『ぬた場』、恋の相手との勝負の為にツノを研いだせいで、皮の剥がれてしまった木も見ることができました。

b0097183_1391490.jpg
         ぬた場の大きさから、シカの大きさが想像されます。


b0097183_1394996.jpg
     「戦うぞぉ!」と気合を入れてツノを研いだ様子を想像すると楽しいです。


 口無沼の名前の由来は、「水の入口・出口がない沼」ということで、水源は湧水のみ。その水の湧き出る場所では、清流でしか育たないという野生のクレソンが自生していました。 

 肉料理の付け合わせやサラダで食べたことがあるものよりも小振りで、淡い緑色をしていて、口当たりも柔らかく、独特の辛みも爽やかでした。

b0097183_13103942.jpg


 10月、11月の行事としては、『秋の支笏湖の森を歩こう』、『夜のエゾシカ鳴き声観賞ツアー』等も予定されていて、できれば参加したいと思っています。
[PR]
Commented by 一言余計 at 2009-10-30 20:49 x
毎回思うのですが、北海道の地名は独特ですね。
ところで、夜のエゾシカ鳴き声観賞ツアー、ですが、広辞苑によると、観賞とは見て楽しむこと、とありますが、、。
Commented by tsukitom at 2009-11-05 13:31
★ 一言余計さんはさすがに、日本語に厳しいですねぇ。
早速、参加者募集のパンフレットを再確認しましたら、『鑑賞』とありました。
<m(__)m>

ところで、暫く北海道を留守にしていましたら、その間にニセコでは10cmの積雪があったらしいですし、我が家の車も冬タイヤに交換済みでした。
by tsukitom | 2009-10-30 00:20 | 自然 | Comments(2)

2006年4月、東京から羊蹄山の麓、ニセコ町に引っ越し、の~んびり暮らしていますが、都会も恋しくなってきました。


by tsukitom
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る