人気ブログランキング |

オホーツク海の流氷

 こんな厳冬の時期に何を好き好んで流氷観光など・・・と、これまでは思っていました。
 が、折角北海道に住んでいるこのチャンスに、是非行くべきではないか!!と、意を決して行ってきました。

 決心した理由はもう一つあります。
 それは、毎日熱心に見ている北海道の詳細な天気予報。

 ふと気付いてみれば、オホーツク海沿岸の紋別網走の気温と、ニセコ倶知安の気温にはそれほど差がなく、今年40数年ぶりにマイナス38度を記録したのは寧ろ、内陸部です。

 なんだ!、ニセコと同じ程度の寒さなんだ!と思うと俄然勇気(?)が湧いてきたのです。

 苫小牧を午後10時発の夜行バスに乗車、途中何回かの休憩を取りながら、紋別港には午前5時に着きました。

b0097183_1591262.jpg


 午前6時に紋別港を出港する砕氷船ガリンコ号2」での日の出クルーズに備えて、ダウンジャケットの下に厚手のセーターをもう一枚、下半身はタイツ、Gパンの上からは中綿の入ったオーバーズボンを重ね、靴下も2枚、靴用カイロも。

 勿論、帽子は目深に被り、2枚重ねの手袋、目の下までネックウォーマーを引き上げて、準備万端整えました。

b0097183_15134575.jpg
                    (同じように重装備の方)

b0097183_15533016.jpg
               (夜明け前の、まだ暗いうちに出港)


 風向き等に依っては流氷が沖へ出てしまって、見ることが出来ないこともあるとのことでしたが、当日は運よく、「この冬最高の流氷」(船内放送)を見ることが出来ました。

b0097183_15541727.jpg

b0097183_15543857.jpg

b0097183_1555387.jpg


 船長の御厚意でブリッジにも入れて戴いたのですが、寒い場所から温かい場所に入ったために、カメラのレンズもメガネも曇ってしまいました。

b0097183_15554150.jpg

b0097183_15561156.jpg


 あいにくの曇り空でしかも、風速計が勢いよく回る強風の中のクルーズでしたが、あっと言う間にも感じられた1時間でした。

                   ☟ この尖って見えるのが、
                目にもとまらぬ速さで回っている風速計
b0097183_1602574.jpg


 下船後、紋別市内のホテルで朝食を摂り、途中の層雲峡温泉で温泉で温まり、帰苫は午後7時。
 1時間の流氷観光の為に往復20時間を掛けましたが、十分に満足の旅でした。

b0097183_15563850.jpg


       港への帰路は、行きに割った氷の帯を進んで行きました。
b0097183_15565349.jpg

by tsukitom | 2010-02-22 10:08 |

2006年4月、東京から羊蹄山の麓、ニセコ町に引っ越し、の~んびり暮らしていますが、都会も恋しくなってきました。


by tsukitom
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る