「道有林・冬の森めぐり」

 北海道後志(しりべし)総合振興局森林室管理課(!)主催の『道有林・冬の森めぐり~新月湖と半月湖一周』と題した、スノーシューを履いてのツアーに参加しました。


b0097183_10442651.jpg



 半月湖は名前の通り、羊蹄山の裾野にある半月の形をした湖で、水の入り口も出口もなく、湖水は羊蹄山の雪解け水が溜ったものなのでしょう。


b0097183_10452455.jpg
                      案内版が「地面」よりも下に・・・・・


 参加者、職員合わせて25名ほど、倶知安町にある総合森林局に午前9時30分集合、現地まではバスで移動です。


b0097183_10454294.jpg



 昨年は湖を囲む山麓を大きく一周したそうですが、今年は半月湖の湖面を歩くとの事で、一度は凍った湖面を歩いてみたかった私は期待大です。


b0097183_10465324.jpg



 途中、職員の方による木の特徴や見分け方などの説明を受けながら1時間半ほど歩き、ちょっと広めの谷筋のような場所で休憩したのが、実は細長い新月湖でした。


b0097183_10472436.jpg

                      クマゲラの食痕。 
 幹の中の虫を捕食するので、こんなに穴だらけになっても、木は逆に生きていけるのだとか・・・。


 その後、昼食場所では森林局職員の方の熾してくれた焚火で沸かしたコーヒーや、棒の先につけて炙った外はパリッと、中はトロトロ、アツアツの甘~いマシュマロを戴きました。


b0097183_10485437.jpg



b0097183_10492549.jpg
             職員さんが腰に着けていらした毛皮をお借りしてマタギ気分

 これはアイヌ犬の毛皮だそうで、札幌の有名山岳用品店で売っているそうです。


 雪のない時期に湖面に降りることができるのは一か所のみで、湖畔を歩くことはできませんが、雪のお蔭で湖を、しかも水の上を一周できました。

 ただ、氷の上には15cm程の雪が積もっていて、平原を歩いているのと少しも変わらなかったのには少々拍子抜けでした。


b0097183_10501658.jpg



 地図の、詰まった等高線でも解るように結構急な斜面・・・夏に湖面に降りることのできる唯一の道です・・・の途中で、人の背丈の2.5倍ほどもある巨大ツララを発見。


b0097183_1050355.jpg



 参加者全員に記念品として配られたのは、金具を回すと野鳥の鳴き声に似た音の出るもので、途中でこれを鳴らす人もあり、本当に野鳥が鳴いているのかと思ったほどそっくりの素敵な音がします。


b0097183_10511399.jpg



     そして、パウチされた『羊蹄山麓で観察される主な野生動物』の資料。

b0097183_10514454.jpg


b0097183_1052659.jpg



             *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


 昨秋には『道有林・秋の森めぐり~コックリ湖一周』のハイキングにも参加しました。


 その時は先導の職員の方のすぐ後ろを歩いていて、森の中から「パキッ」という小枝を踏んだような微かな音に続いて、「クホッ、クホッ」とでもいうような声(?)を聞き、二人で「音、聞こえましたよね??」と頷きあいつつ、そのまま静かに後退したことがあったのです。 


 と言うのも、その場所の数百メートル手前に真新しいクマの糞があったこともあり、山に慣れている職員の方の緊張感が私にも伝わってきたのでした。


b0097183_10525232.jpg



 後日、送られてきた資料には当日、クマの『糞』とクマの『気配』のあった場所が記入されていて、一人で笑ってしまいました。


 今回、その職員の方から、「コックリ湖で一緒にクマの気配を感じた方ですよね。」と声をかけて戴きました。


 人生初のクマとの接近遭遇だったかもしれない場所の(?)地図といい、とても記憶にのこる素敵な記念品です。
[PR]
Commented by グランパ at 2013-03-09 15:26 x
アイヌ犬のお尻敷きお似合いですよ!
一面白銀で水上と湖畔の区別がつかないからよいですが、15センチ下は水深数メートルはあるであろう凍てつく水ですからね。
誰かがチェーンソーで穴開けてたらドボン!です。
そうですか、クマとの遭遇は緊張だったことでしょう。職員の方も参加者を抱えてたから、その緊張感が伝わってきます。
でも熊も緊張してたかも!
Commented by tsukitom at 2013-03-10 10:36
★ グランパさん、付けているだけでとても暖かかったのですが、雪の上に座るときには
実際に「座布団」にするのだそうですよ。


今年の夏にはニセコアンヌプリ連邦のニトヌプリ、イワオヌプリ他の「道しるべ」の
新調作業を兼ねた登山が予定されているそうですが、これは少々きつそうな行程ですので、
参加は無理かも・・・・・。
Commented by グランパ at 2013-03-10 11:24 x
宛名書かなくても大丈夫ですよ。
また今日から吹雪のようですから気を付けて下さい。
低気圧まだ発達しそうです。
Commented by tsukitom at 2013-03-10 11:51
★ グランパさん、鋭い!!!!!!
もうすでに横殴りの猛吹雪で、JRは減速運転や運休、高速道路は通行止めの場所が
多くなってます。
3時間ごとの予報によると明日のお昼過ぎまで暴風雪のようですから、
今日は自宅に籠城です。

それにしても、このスノーシューツアーの日は快晴とはいかないまでも
まずまずのお天気でした。
その昔、出かけるときには必ず雨や雪になるという雨男、雨女の友人が居ましたね。

私は「晴れ」ですよ~。
Commented by グランパ at 2013-03-10 13:50 x
そうそういたいた!
えっ!晴れ女?????
Commented by dora at 2013-03-10 19:56 x
寒い中ですが、楽しいツアーですね。
参加したいものです。
足跡付き動物達の資料。
お家の庭の足跡に似た仔いませんでしたか?
Commented by tsukitom at 2013-03-11 08:00
★ doraさん、いつかご一緒しましょうね。

庭に来るのはやはりキタキツネではないかと思います。
先日、うっかりみかんの皮を入れた袋を勝手口の外に置き忘れていたら、翌朝
袋が破られてゴミが散乱していました。

おなかの足しになるものがなくて気の毒でしたが、野生動物への餌やりは厳禁ですからね。
野鳥はいいのかな???と思いつつ、こちらは続けていますよ~。
Commented by at 2013-03-16 21:33 x
初めまして、今日初めてお会いした梢です
なんか初めてあったとは思えなかったです。先週このブログ見て会えるような気がしてました。今回会えて嬉しかったです
ニセコが好きです、私はたまに行くから好きなのかもしれないですね
又会うことが出来るような気がします楽しみにしてますね~
Commented by tsukitom at 2013-03-17 10:10
★ 梢さん、ありがとうございます。

この冬は何となく閉じこもりがちで、あまり出かけなかったのですが、
その数少ない機会にお目に掛かれて嬉しいです。


とってもアクティブに行動していらっしゃることに刺激されました。
わたしも春になったら、もう少し動いてみようと思っています。

又お目に掛かれるのを楽しみにしています。
by tsukitom | 2013-03-09 11:13 | Comments(9)

2006年4月、東京から羊蹄山の麓、ニセコ町に引っ越し、の~んびり暮らしていますが、都会も恋しくなってきました。


by tsukitom
プロフィールを見る
画像一覧