北海道犬の仙ちゃん

 ご近所の「ともだち」を紹介します。


b0097183_10191421.jpg
             北海道犬(アイヌ犬)の仙ちゃん

 

 飼い主さんに依ると、箱根仙石原の近くで生まれたので「仙」と名付けたそうです。


 このところ、野山を駆けまわる機会がなく、少々太り気味ですが、三角形の小さな立ち耳、目尻が吊り上がった、三角形の小さな目、背中の上に巻いた「巻き尾」、舌の黒紫の斑点など、北海道犬の特徴を備えています。


b0097183_13265126.jpg



b0097183_1524585.jpg



 この犬種は、飼い主に忠実、勇敢、大胆、怖いもの知らず、野性味が強い、我慢強い、粗食に耐える、寒さに強い等の特徴があるそうで、確かに室内に入れると暑そうで、すぐに外に出ていきます。


 仙ちゃんも、飼い主の言いつけはよく守り、家の中でも「進入禁止区域」には決して入らないし、飼い主の一言で一か所にじっと控え、私がいくら呼びかけても全く動きませんが、飼い主のOKがでるとすっ飛んできます。


 私とは「ともだち」で、まるでペット犬のように甘えてくれますが、鹿狩り、熊狩りの時の、彼の本来の精悍な姿も見てみたいものです。


 *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


 余談ですが、原田康子氏の小説『満月』に、アイヌ語で「犬」と言う意味の「セタ」と名付けられた北海道犬が出てきます。 


 1991年に、時任三郎さんと原田知世さん主演で映画化されていますが、筒井康隆氏の小説で、やはり原田知世さんの主演で映画にもなった『時をかける少女』と同じく、時を超えた世界の話です。


 
b0097183_1037235.jpg



 
by tsukitom | 2014-03-16 10:22 | 動物・ペット

2006年4月、東京から羊蹄山の麓、ニセコ町に引っ越し、の~んびり暮らしていますが、都会も恋しくなってきました。


by tsukitom
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る