人気ブログランキング |

ハイタカ対策

 昨年、4月になると同時に姿を見せたカワラヒワの群れが、今年もやってきました。


 スズメよりも少し小さめで、文鳥のような太い嘴をした、全体的に黄褐色の地味な色合いの鳥ですが、飛ぶと翼に混じる黄色が目立ち、きれいです。


b0097183_11343343.jpg



b0097183_11345296.jpg


 これからはバードテーブルに来る野鳥の数もぐんと減り、淋しくなるのですが、次はツバメの到来を楽しみにしましょう。


 ところで、昨冬は、我が家のバードテーブルにやってくる野鳥を狙って、何度かハイタカが出没し、少なからず犠牲もでましたので、今冬は「ハイタカ対策」を講じました。


 北海道では雪対策として1階部分は倉庫で2階からが住居になっている家が多いのですが、我が家も同様で、2階のベランダの下は壁だけの、人間の目が届かない空間になっています。


 賢いハイタカが、このベランダの下に身をひそめて待ちかまえ、餌を食べにやってくる小鳥を捕食していたのがわかったのは、ベランダの傍に大量の小鳥の羽が散っていたのを見つけたからです。


b0097183_15441697.jpg
       バードテーブルの傍のシラカバの木で待ち伏せ


b0097183_15412866.jpg
            ベランダの手すりに止まって様子見


b0097183_1544334.jpg
            エサ入れの前で待ち構えています。



 この冬はベランダの下には、小鳥が入れる程度の隙間だけを開け、大型の鳥は入れないように雪よけシートを張り巡らしました。

b0097183_15445465.jpg



 その後、被害は少なくなったのですが、やはり今年も多少の犠牲が出ています。


 人間の手で食物連鎖を妨害してはならないのは解っていますが、ここだけは安全地帯にしたいのです。


 余り来てほしくない猛禽類ではありますが、実際に間近で見ると誠に精悍で、カッコいいのです。
by tsukitom | 2014-04-03 18:24 | 自然

2006年4月、東京から羊蹄山の麓、ニセコ町に引っ越し、の~んびり暮らしていますが、都会も恋しくなってきました。


by tsukitom
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る