二股らぢうむ温泉

 この一週間、雪も降らず、2月とは思えない暖かい日が続いていますが、勿論ニセコですから、最低気温はマイナス、最高気温が5~6度といったところです。


 『まるで春!の一週間なのにずっと風邪のため、咳・発熱・鼻水のオンパレードで自宅に閉じこもっていたので、この日は気分転換も兼ねてランチがてらドライブに出かけました。


b0097183_14183190.jpg
            すっかりアスファルトが出ている国道5号線


 ランチの後、行き当たりばったりで長万部町の二股温泉に寄ってみました。


 国道5号線から、道道842号線に入って約10キロの所にありますが、途中からは両サイドとも雪の壁が迫る、車1台しか通れない道路となり、対向車が来ないことを祈りながら進むも、1台と遭遇、バックして思いっきり左に寄ってすれ違い、無事到着しました。


b0097183_14201391.jpg



 場所から、ひなびた湯治宿を想像していましたので、思いのほか真新しい建物に少々ガッカリ(?)


b0097183_14203264.jpg
                      二股らじうむ温泉


 ニセコエリアの日帰り温泉の入浴料金は大体500円程度ですが、ここは1,030円と少々高め。


 宿泊は2食付8,240円からですが、長期滞在の場合は割安になるそうです。


 受付の自動販売機でチケットを購入、温泉へは長い、長い階段をどんどん下って行きます。


b0097183_14205530.jpg
                 二つ目の踊り場から上を望む・・・


b0097183_14211816.jpg
                       更に下って・・・


b0097183_14213163.jpg
                     まだまだ下って・・・・


 浴室は女性用、男性用、混浴とに分かれています。


女性用の室内温泉の湯ぶねは岩を削ってあるような感じ。


不透明な茶色の湯のせいで中が全く見えず、こわごわ入浴。


 湯の中に隠れた3段の階段を下りて底の部分に立つと、身長161cmの私の首までお湯がありました。


b0097183_14214820.jpg




 女性用の露天風呂は二つに分かれていて、外側はかなりぬるく、石灰分の「湯の花」が白い薄い膜になって浮いていました。


b0097183_14283235.jpg



 混浴の露天風呂には男性が二人、声を掛けて写真を撮りました。


b0097183_14301859.jpg



  全体にお湯はぬるめで、いつまででも浸かっていられそうでしたが、帰りの時間が気になり、心を残しながら帰宅しました。


 雪に囲まれての露天風呂は素敵ですが、行き帰りの雪の壁の山道を思うと、春になってから行こうと思います。 
 



 

 


 

[PR]
by tsukitom | 2015-02-22 11:21 |

2006年4月、東京から羊蹄山の麓、ニセコ町に引っ越し、の~んびり暮らしていますが、都会も恋しくなってきました。


by tsukitom
プロフィールを見る
画像一覧