アイガモ騒動

 今年も、裏の溜池では400羽余りのアイガモがのんびりと、だけど短い余生を送っています。


 春、田植えが終わったころ、黄色のポワポワの毛玉のような雛たちが、田んぼの除草の仕事を始めました。


b0097183_1457191.jpg



b0097183_14573189.jpg




 ある程度稲が育つと各田圃から、我が家の裏の溜池に引っ越してきて、10月中旬まで過ごしていきます。


b0097183_14584428.jpg



 400羽もいると、その鳴き声も結構賑やかですが、我が家ではこの鳴き声が聞こえている間は、「夏だなぁ・・・・」と、短いニセコの夏を楽しんでいます。


 先日、餌用にと青草を持って久しぶりにアイガモ達を訪問した時のことです。


b0097183_1574811.jpg



 池の土手際で1羽が足を絡めて動けなくなっていましたので、飼い主(持ち主?)の農家さんに連絡して、引き上げてもらったところ、土手の崩落防止用シートがほつれて紐状になり、それが足の付け根に絡まり、足が壊死しかけていました。


 農家さんに断って自宅に連れ帰り、絡まった紐を切り取りましたが、連れ帰る間も、紐を切る間も全く暴れずに抱かれていました。


b0097183_1581011.jpg




 農家さんには、「このままお宅で飼えば?」と言われました。


 このアイガモ達の運命は解っているのですが、冬の事を考えると飼うことは無理なので元の池にリリースしましたが、気のせいか暫くじっとこちらを見つめて佇んでいました・・・・・。

b0097183_1583525.jpg



[PR]
Commented by グランパ at 2015-09-17 21:40 x
自分の将来を彼らも分かってるのかな!
Commented by tsukitom at 2015-09-18 09:52
★ グランパさん、判っているのカモ(!)です。
ニセコの朝夕はすっかり寒くなってきました。
羊蹄山の山頂付近では既に紅葉が始まっているようで、
来月初めには初冠雪も観測されるのではないでしょうか。
by tsukitom | 2015-09-17 14:17 | 動物・ペット | Comments(2)

2006年4月、東京から羊蹄山の麓、ニセコ町に引っ越し、の~んびり暮らしていますが、都会も恋しくなってきました。


by tsukitom
プロフィールを見る
画像一覧