エキノコックス

 倶知安風土館へ行きました。地元の人に聞いても、場所は知っているけれども行ったことはないという人が多かったのですが、なかなか興味深いところでした。
 10数年前に建設されたまま使われていなかった某大学の寮が展示館として使われています。
 展示物は、昭和30年代の家庭の茶間を再現した部屋、小学校の教室、廃線になった鉄道の駅名表示板や時刻表など、殆どの物に手を触れることが出来ます。一番気に入ったのは、来館者が殆ど居ないので、ゆっくり心行くまで見られること。
 展示物の中でも、キタキツネに寄生して犬や人にも伝染するという「エキノコックス」について、標本等もあり、じっくりと勉強することが出来たのは収穫です。
 北海道でも田園地区だけだろうと思いますが、このあたりの住人に対して町は5年ごとにエキノコックスの検査を実施するのだそうです。10年、20年の潜伏期間があるので5年に一度の検査で充分なのだそうです。
 二階の「倶知安空中散歩」と題された展示は床一面に羊蹄山、ニセコ・アンヌプリ近辺の航空写真が貼られていて、新参者にはなかなか楽しいものでした。
 これは、その中の我が家を中心とする部分です。
b0097183_17553385.jpg

[PR]
Commented at 2006-08-17 22:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by tsukitom | 2006-08-16 22:37 | | Comments(1)

2006年4月、東京から羊蹄山の麓、ニセコ町に引っ越し、の~んびり暮らしていますが、都会も恋しくなってきました。


by tsukitom
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る