「トンネル餅」

 小樽から函館に向かうJR函館本線にニセコ駅はあります。ニセコの4つ手前、小沢駅の名物、「トンネル餅」を戴きました。小沢駅が稲穂トンネルと倶知安トンネルの間にあることからこの名がついたともいわれる約100年前からの名物で、午前中で売切れてしまうことも多いとか。大正時代を思わせる素朴なデザインの包装紙も、ヘギの折詰めも、レトロです。
 上新粉と砂糖だけで仕上げてあり、いわばスアマです。
b0097183_2232725.jpg

[PR]
Commented by ナカx2 at 2006-09-25 09:37 x
「トンネル餅」って、情緒あるネーミングですね。「すあま」に近いのなら、
一度、食べてみたいです。門前仲町の伊勢屋のすあまを食べたくなり
ました。娘の江ノ島みやげ「おとまん」も美味でした。
Commented by tsukitom at 2006-09-25 23:36
★ ナカx2さん、こんばんわ。函館本線と言っても小樽~ニセコ~長万部までは単線なのです。だから小樽~ニセコ間は50kmほどなのに1時間40分~2時間も掛かるのです。
でも、途中の山や川、小樽近くになると日本海の景色を見ながらのんびり列車で行くのも結構いいものですよ。
by tsukitom | 2006-09-24 22:25 | グルメ | Comments(2)

2006年4月、東京から羊蹄山の麓、ニセコ町に引っ越し、の~んびり暮らしていますが、都会も恋しくなってきました。


by tsukitom
プロフィールを見る
画像一覧