イヌタデ

 秋の終わり、いつの間にか群生していたイヌタデの赤い色が更に濃さを増していました。
 草の名前には「イヌ」が付くものが結構多いと思いますが、「役に経たないものや大きいものにはイヌやキツネの名が冠せられることが多い。」と図鑑にありました。我が家にも居ますが、犬や猫はそれなりに大事な役を果たしていると思うのですが・・・・。
 子供の頃、この花でおままごとをしたことがある方も沢山いらっしゃることでしょうね。
b0097183_17163543.jpg

 ところで、赤に混じって真っ白なタデも少しですが見られます。花や葉の形状や大きさはイヌタデと全く同じです。これは別種なのか、それともとイヌタデの変種なのか、調べてみましたが判りませんでした。
b0097183_17164937.jpg

[PR]
by tsukitom | 2007-10-11 09:02 | 植物 | Comments(0)

2006年4月、東京から羊蹄山の麓、ニセコ町に引っ越し、の~んびり暮らしていますが、都会も恋しくなってきました。


by tsukitom
プロフィールを見る
画像一覧