伊達市

 ニセコ町の東南、洞爺湖を挟んで40km、太平洋側の内浦湾に面した伊達市は北海道の中では比較的気候温暖で、道内での移住希望先ナンバー・ワンだそうです。
 先日、お天気のいい日にちょっと足を伸ばしてみました。ニセコでは幹線道路にこそ雪はないものの、その他の道路や畑、林にはまだうず高く積っています。ところが伊達市を走る国道37号線沿いや街中には全く雪がなく、早春の景色そのものでした。
b0097183_17585658.jpg
 その国道37号線から見える有珠山(頂上が平らに見える中央の山)と昭和新山(右の三角の山)、その後方に支笏湖があります。
 「昭和新山は昭和19年、一夜にして出来た」と覚えていたのですが、いつもの事ながら全く私の記憶は当てにならなくて、正しくは昭和18年12月に最初の地震が起こり、その後、多いときには体に感じるだけでも1日200回もの地震を繰り返した末、昭和20年9月に現在の標高407メートルの山になったということです。(参考

 伊達市内のレストラン「ひだまり」で昼食。ニセコにはこういう感じのレストランが殆ど無く、たまの外食は出かけた時の大きな楽しみです。
b0097183_17591025.jpg
b0097183_17592271.jpg

 メニューの中から自由に選べる3品(「定食コース」)、又は4品(「御前コース」)にご飯、漬物、汁物が付いてこの値段でした。どれも美味しそうで随分迷いましたが、選択肢が多いのは嬉しいです。
[PR]
Commented by ナカx2 at 2007-03-25 20:35 x
カレイの煮付けですか。お魚は、全般的にお高く、周り中海に囲まれた国なのに、って思ってしまいます。こういう定食、懐かしい感じです。文字通り、「お袋の味」ですね。私にとってのそれは、ヌカ漬けの茄子かな(丸ごと)。
Commented by tsukitom at 2007-03-26 16:19
★ ナカx2さん、お魚お好きですか?私はお店では食べますが、自分で料理するのはどうも・・・・。ニセコは山の中ですが、車で40~50分の日本海側の岩内は漁港ですので、お魚は割合豊富です。
by tsukitom | 2007-03-25 16:24 | | Comments(2)

2006年4月、東京から羊蹄山の麓、ニセコ町に引っ越し、の~んびり暮らしていますが、都会も恋しくなってきました。


by tsukitom
プロフィールを見る
画像一覧