<   2006年 07月 ( 29 )   > この月の画像一覧

ブロッコリーは二毛作

先日の無人野菜販売所のブロッコリーが余りに安くて美味しかったので又、買いに行ってみたら、あの一面のブロッコリーが総て刈り取られ、新たに5cm程の丈の苗に変わっていました。
たまたま作業をしていた方に伺ったら、雪が降るまでにもう一度ブロッコリーが収穫できるとのことでした。このあたりに雪が降り始めるのは11月と聞いています。
ところで今日のこのブロッコリー、6個全部で幾らだったでしょう?
b0097183_295082.jpg
野菜高騰の東京や西日本の方には申し訳ないのですが、全部で100円です。新鮮だからなのか、茹でると甘みが感じられて美味しかったですよ。
[PR]
by tsukitom | 2006-07-30 22:58 | 自然 | Comments(0)

勿忘草

水路の土手に勿忘草に良く似た花が群生しているのを見つけました。
b0097183_033654.jpg

早速図鑑で調べてみましたら、『ワスレナグサ属の中で園芸的に栽培されるのは、普通エドムラサキと言う種。本州以北の高原の湿原には野生化が見られ・・・・』とありましたので正にこれは勿忘草に間違いありません。
b0097183_08229.jpg

[PR]
by tsukitom | 2006-07-29 21:12 | 植物 | Comments(1)

トンボ

庭の奥は水利共同組合が管理している溜池に接していて、ここから細い水路を通って
各水田に水が引かれています。
b0097183_23431084.jpg

このあたりは高さ2m以上にも伸びたイタドリなどの草に覆われていて近づくことができなかったのですが、最近組合が草刈を実施し、何とか歩けるようになったので早速行って
みました。
水路の水は透きとおり、涼しげな音を立てて流れていて、周囲には体長3~4cmの細い綺麗なトンボが群れをなして飛んでいました。
b0097183_23432260.jpg

この分なら蛍もいるのではないかと思うのですが、何しろ陽が落ちるとあたりは全くの暗闇ですので蛍探しにそこまで行くのは躊躇われます。
[PR]
by tsukitom | 2006-07-28 22:36 | 植物 | Comments(2)

月見草(オオマツヨイグザ)

子供の頃には近所に何箇所かの空き地があり、そこには大抵月見草
咲いていて、私にはこの花が何故か寂しげな様子に見えて好きでした。
最近は殆ど見かけたことがなかったのですが、ニセコで何年かぶりに再会しました。
b0097183_2361453.jpg
太宰治が、「富士には月見草が良く似合う」と書いたそうですが、富士ではなくても
山には月見草がよく似合うと思います。
b0097183_2355491.jpg

[PR]
by tsukitom | 2006-07-27 23:22 | 植物 | Comments(2)

夕焼け

昨日は、地元の人に言わせても、「これぞ、ニセコの夏」と言うべき一日だったようです。
羊蹄山には雲が掛かっているものの、夕焼けもまた、最高!でした。
b0097183_1814459.jpg
    中央はニセコアンヌプリ
b0097183_18142459.jpg

陽の落ちた空には夏の星座が満天に輝き、天の川もミルク色に流れていました。
北海道の七夕は8月7日だそうです。
[PR]
by tsukitom | 2006-07-26 18:25 | 自然 | Comments(1)

最高!

少し西風が強いものの、今日はすっきりと快晴。久々のニセコ・ブルーです。
今日はこれっきゃない! チビシロと羊蹄山。
b0097183_1358621.jpg

そして、ニセコ・アンヌプリ。写真ではハッキリしませんが中腹にある東山プリンスホテルも、その途中のペンション街のカラフルな屋根もくっきりと見えています。
正午の気温21度です。
b0097183_141862.jpg

[PR]
by tsukitom | 2006-07-25 14:06 | 自然 | Comments(2)

ディスカバー近所

ニセコに移ってそろそろ3ヶ月が過ぎます。東京に居た頃は毎日の通勤で利用していた
駅迄や階段、そして買い物などで意外に歩く機会が多かったのですが、こちらでは何処へ行くにも遠すぎて、車を使いますから殆ど歩くことがなくなりました。
運動不足解消のため今日は3キロ半ほど先の郵便局まで自転車で出かけました。
町の中心部へは下り坂ですから、『行きはよいよい、帰りはこわい』の往復8キロ弱。
途中、いつも車の中から見て気になっていた古いサイロに立ち寄ってみました。
牧場のシンボルのこのサイロの周りでは沢山の牛達がのんびりと草を食んでいたので
しょうけれど、今はポツンと寂しそうな姿で立つばかりです。
b0097183_06245.jpg

         久しぶりに山頂を見せてくれた今日の羊蹄山です。
b0097183_065187.jpg

[PR]
by tsukitom | 2006-07-25 00:26 | | Comments(1)

セイヨウタンポポは二度咲く!

春先に庭を黄色に染めていたタンポポの花茎は10~15cm程度で柔らかく、芯は空洞のような感じでした。その花が咲き終わって白い綿毛になり、それも風に舞い散った後、茎がどんどん伸びて30~40cmになりました。新しく延びた茎は細くて硬く、その先にまた花を咲かせています。
春の花はボッテリとした「厚み」を感じましたが今のそれは「可憐な」感じです。
セイヨウタンポポは春と秋と二度、花が咲くのだそうです。
細く長い茎の先の花が風に揺れる様子は、とても可憐なのですが、その葉と根はしっかりと地面に広がり、根を下ろし、逞しいものです。春にしか花を咲かせない日本のタンポポが追いやられたのも肯けます。
b0097183_0195295.jpg

って、事はニセコはもう秋???
そういえばニセコアンヌプリの麓では既にコスモスが咲いていました。
[PR]
by tsukitom | 2006-07-23 17:25 | 植物 | Comments(3)

キノコ

少し前のことになりますが春先に長雨が続いたせいか、庭の落葉樹の間からキノコが出てきていました。
北海道では「落葉茸」といわれるキノコが最高に美味しいと聞いていますし、去年の秋、確かにこの場所に落葉茸が出ていて、その時一緒だった土地の人が、「これが落葉茸」と教えてくれました。ですが、今は秋ではないし、教えられた落葉茸に似ているような、似ていないような・・・・・。
勿論、どんなに美味しいかは、今は確かめる気はありません。

b0097183_0512648.jpg
b0097183_0513431.jpg

[PR]
by tsukitom | 2006-07-21 22:10 | 植物 | Comments(0)

続・クワの実

実をつけているのを見て初めて、クワの木が他に2本あるのに気付きました。
b0097183_2343260.jpg
その実が黒く熟したので早速食べてみました。
本当に植物辞典にある通り、甘くてさっぱりして美味しいです。木の傍を通るたびに一つ、二つ、三つ・・・・とつまみ食いしてしまいますが、用心してそっとつままないと指先、爪の間が紫色に染まってしまいます。
下から見上げると、思った以上にたくさんの実をつけているのでジャムを作ってみようと
考えていますが、手の届かない上の方の実は鳥たちのために残しておきましょう。
b0097183_2363941.jpg

[PR]
by tsukitom | 2006-07-20 23:08 | 植物 | Comments(2)

2006年4月、東京から羊蹄山の麓、ニセコ町に引っ越し、の~んびり暮らしていますが、都会も恋しくなってきました。


by tsukitom
プロフィールを見る
画像一覧