<   2010年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

弘前の桜

 昨年は東京ソウル函館、そして地元に近い白老と桜三昧の春でした。

 そして今年は、苫小牧発八戸行きのフェリーを利用しての弘前と角館へのお花見を計画しました。

  満開の時期を、ゴールデンウィーク直前と予想して計画を立てたのですが、4月に入ってから低温の日が続き、やきもきしながら出発の25日を迎えました。

 その時には開花はずっと先になることは解っていたのですが、フェリーや宿の予約も済ませていましたし、初めての弘前・角館の街を楽しむつもりで出かけました。

 思った通り弘前城は、並木がピンクに見える程度には蕾が膨らんでいましたが、開花には1週間ほど早かったようです。

b0097183_14455068.jpg

b0097183_14463159.jpg


 前日までは雨の日が続いていたそうですが、当時は快晴で暖かく、私と同じような全国からの観光客でにぎわっていました。


 原田康子さんの『満月』と言う小説が1991年に原田知世、時任三郎主演で映画になっていて、この弘前城の天守閣が登場し、その背景に岩木山がありました。

 満月の夜、主人公たちが弘前城の天守閣から滑り降りてくる(!)シーンが、とても美しかったのを思い出しました。

b0097183_14465454.jpg

b0097183_1447916.jpg


 その後、角館へ向かいながら、弘前よりも南だからと期待をしていたのですが、逆に殆ど蕾も膨らんでいな状態で、ガッカリ続きの東北のお花見でした。

b0097183_144847.jpg


 この分ですと北海道の桜はずっと先になりそうですが、何が何でも、絶対に
日高二十間道路の満開の桜を見に行こうと決心しました
[PR]
by tsukitom | 2010-04-29 14:58 | | Comments(2)

ママレード

 私は料理が得意ではないので、食事の支度のたびに、簡単で、美味しくて、栄養のバランスも良く、そしてカロリーは控えめに・・・・、と頭を悩ましています。

 ところが友人の中には栄養士、調理士、そしてお料理大好きという人があり、その中の一人が、最近ママレード作りに凝っていると言うことで、私にもおすそ分けが届きました。

 私は、ジャムよりもママレードの方が好きなのですから、とても嬉しいプレゼントです。

b0097183_1133221.jpg


 材料は、近所に実っている柑橘類を御主人と一緒に集めたとかで、
「商売にするほど作っちゃったのよ」
 とのコメントつきでした。

 人工的な凝固剤や保存料の入っていない天然ペクチン100%のママレードのその味は濃厚で、甘さ控かえめ、天然の味がします。

b0097183_1135821.jpg


 私はこれを、自家製ヨーグルトに混ぜて、毎日戴いています。

b0097183_1141756.jpg


 初夏には今年もまた、苫小牧名産のハスカップ狩りに参加するつもりですので、摘んできたハスカップを彼女に送って、今度はジャムを・・・?!と、今から密かに企んでいるのです。
 
[PR]
by tsukitom | 2010-04-23 00:21 | グルメ | Comments(4)

炉端焼きパーティ

 ニセコに住む友人から、北海道生活10年周年の炉端焼きパーティをするから来ないかとのお誘いを受けました。

 我が家はまだ水が使える状態に復旧していない、つまりトイレも使えないので、そのお宅に泊めて戴くことにして、夕方4時半に苫小牧を出発、途中、少々飛ばし気味ではありましたが、開始時刻の6時ちょうどに到着しました。

b0097183_10542172.jpg

b0097183_1055720.jpg


 多くの人と良い関係を構築している友人宅には14、5人が集結、それぞれに料理やビール、ワインなどを持ちより楽しい時間を過ごしました。

b0097183_10552490.jpg


 私も4月末で北海道生活は4年になりますが、後半の2年は苫小牧での生活であり、ニセコのご近所さんとは滅多に会うことがなくなったのが残念です。

 苫小牧は住みやすい街ですが、これからの季節は何と言っても自然一杯のニセコは最高です。

 6月、7月とお客さんの予定ももあり、一日も早く水道の復旧をしなくてはと思っています。
[PR]
by tsukitom | 2010-04-15 10:57 | 生活 | Comments(2)

野生動物への餌やり

 先日、ラムサール条約登録湿地であるウトナイ湖の白鳥が、観光客の与えたらしいパンを喉に詰まらせて、窒息死したとのニュースがありました。

 私はそのニュースの2日ほど前に、北に帰るためにウトナイ湖に集まり始めているコクガンなどの野鳥を見に出かけてきたところでした。

b0097183_11434043.jpg


 以前から、ウトナイ湖では無断で餌を販売している男性があり、苫小牧市当局とトラブルになっています。

 市では日本語、英語、韓国語、中国語等で「餌やり禁止」の看板を設置していますが、この男性はそのすぐそばで餌の販売を続けています。

b0097183_11441292.jpg

b0097183_11443360.jpg

 餌遣り禁止の理由としては、今回の事件のように、人間の与えたものが野鳥たちの死の原因になることがある、野鳥間の伝染病蔓延の可能性、餌を求めて陸に上がってきた野鳥の糞で水際が汚れ、人への病気伝染の可能性、そして、安易に餌を得られることによって本来の習性である「渡り」をやめ、越年する個体が増えてきている、などが挙げられています。

 一方、無許可販売をしている男性の言い分は、自分の販売しているものは麦や、鳥の飼料であり、観光客が与える、本来野鳥が食べるべきものではない餌(パンや、スナック類)を阻止しているいうものです。

b0097183_11445737.jpg


 確かに、その日も水面にゴミやビニール袋が散乱していましたから、野鳥がそれを誤って飲み込むことも大いにあり得ます。

 私には、市、男性、どちらの考えにも一理あるように思え、自然保護と観光の両立の難しさを痛感しています。

 北海道では、天敵であるオオカミの絶滅と保護政策に依ってエゾシカが増えすぎ、食害が問題になっています。

 そして、毎年、頭数を決めてではありますが、数多くが「駆除」されています。
[PR]
by tsukitom | 2010-04-10 11:00 | 自然 | Comments(2)

早春のニセコ

 4月に入ると流石の北海道も春の雰囲気が漂い始めました。

 最高にお天気の良かった4月2日、急に思い立ってニセコに帰ってきました。

 苫小牧市内からは、通称樽前国道、支笏国道、尻別国道を経由して片道100キロ弱、1時間3、40分の日帰り圏です。

 途中の路面には雪はないものの、美笛峠辺りでは道路脇にはガードレールの高さ程の雪が残っていました。


 そして、我が家。
 今年は雪解けが遅いとは聞いていましたが・・・。
b0097183_11221476.jpg
           隣の田んぼには融雪剤が撒かれていました。


 実は、この少し前に、ちょとした必要に迫られて入口から途中までは除雪をしてもらったのですが、
b0097183_11241318.jpg

 それより先にある母屋まで辿りつけません。
b0097183_11245124.jpg


 4年前の4月26日にニセコに転居してきた時も、玄関までを除雪して戴いたのですが、10日程後には、殆ど雪は消えていました。

b0097183_11264426.jpg
                      2006年5月3日

b0097183_11271361.jpg
                      2007年4月28日


 その翌年の4月末もそうでしたので、今年も後1ヶ月もすれば草も芽吹き始めるのだろうと思います。

 この大量の雪を1カ月で消してしまう自然の力は凄い!!
b0097183_12162423.jpg

                      ☝
              ご近所さんがスノーモービルで通過した跡があります。
              と言うことは、ご近所の目が行き届いていて、安心です。 
[PR]
by tsukitom | 2010-04-05 11:46 | | Comments(4)

メダリスト

 苫小牧市内の、あるビルで偶然、スピードスケートの田端真紀選手と、穂積雅子選手に会いました。

 ご存知のようにお二人はバンクーバーオリンピック、パシュートの銀メダリストで、その日は、このビルにある企業へ五輪報告会に訪れ、偶然私がそこに居合わせたという訳です。

b0097183_1085240.jpg


 写真を撮らせて戴いても宜しいですか?とお願いしたところ、快く了解してくださっただけでなく、大切なメダルを私の首にかけ、並んで記念撮影をしましょうと言ってくださいました。

 お二人の写真を撮らせて戴くことしか考えていなかったので、びっくり、恐縮しましたが、今後、こんな機会は二度とないと思い、ずうずうしくも並んで写真を撮って戴きました。

b0097183_10172568.jpg  お二人ともほっそりとして、身長も161cmの私と殆ど変らず、
 爽やかな、(当たり前ですが)普通の女性で、優しい人柄が
 伝わってくる、とてもかわいらしい方でした。



 大きく、分厚く、重いメダルに、これまでのお二人の大変な努力を感じました。
b0097183_10223457.jpg


 当日の夕方のニュースで、北海道の高橋はるみ知事からお二人に、道民栄誉賞が贈られたことを知りました。

 ずっと年下の二人の選手に、私も頑張ろう!と、感動したひと時でした。
[PR]
by tsukitom | 2010-04-01 10:11 | 生活 | Comments(4)

2006年4月、東京から羊蹄山の麓、ニセコ町に引っ越し、の~んびり暮らしていますが、都会も恋しくなってきました。


by tsukitom
プロフィールを見る
画像一覧