<   2012年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ブルーベルー狩り

 この家を建ててくれた大工さんには、いつも何かとお世話になっているのですが、その方からのお誘いで、余市郡仁木町にブルーベリー狩りに行きました。


 その農園、山田園の現地事務所(果物狩り受付所)は、19年前にこの大工さんが建てたログハウスで、メンテナンスも良くされていて、古びた感じは全くありませんでした。


b0097183_10264422.jpg
             (写真を撮り忘れたので、同園HPから拝借)



 ブルーべりーはこれからが最盛期のようでしたが、沢山の実が付いていて、甘く、幾らでも食べられましたが、欲張って食べすぎて少々、お腹を壊してしまいました。


b0097183_10413675.jpg



 30年は経っていると言うブルべりーの木々には、これから熟す白っぽい実が無数についています。


b0097183_10415331.jpg



 サクランボは7月中旬迄が最盛期とのことで既に閉園の農園も多かったのですが、同園のサクランボは、最近注目され始めた紅秀峰という、実が大きくてとても甘ものや、アメリカンチェリーに似たサミット、そして佐藤錦など、まだまだたわわに実っていて、こちらも堪能しました。


b0097183_10423240.jpg



b0097183_10424990.jpg
                     これは紅秀峰


 このあとはプルーン狩りブドウ狩りも楽しめるようで、9月下旬ごろまでは仁木町通いをする事になりそうです。


b0097183_1043136.jpg



b0097183_10432961.jpg

[PR]
by tsukitom | 2012-07-30 10:49 | 生活 | Comments(3)

サクランボ

 サクランボの木のある農家さんの前を通ったら、ご主人が木に登って、実を採っていらっしゃるところでした。


b0097183_21404256.jpg



 実はこのお宅の庭先からは羊蹄山の湧水が湧いていて、だれでも自由に汲めるように解放してくださっているのです。


 今日は運よく(!)その水を汲みに行ったと言う訳です。


 そうしたら、『サクランボ、少しだけど持って行きなさい』とおっしゃって、こんなに沢山分けてくださったのです。


b0097183_2140411.jpg



 品種は佐藤錦との事、甘くておいしかったです!
 御馳走様です!
[PR]
by tsukitom | 2012-07-24 08:50 | | Comments(6)

苫小牧、ハスカップ

 4月から9月は毎月2回程、片道約100キロ離れた苫小牧まで行っています。


 コースは何通りかあり、大抵は支笏湖の南側を通るコースを使いますが、今回は最高のお天気だったので、三階滝などいくつもの滝や渓流のそばを通る道道白老大滝線(道道86号線)を使いました。


 11月から4月までは積雪の為に通行止めとなるこの道路の、伊達市大滝区と白老郡白老町との境の峠にあるシェルターは、入口(出口)から見ると見事に中央が盛り上がっています。


b0097183_11174686.jpg



 苫小牧の隣町、厚真町でハスカップ栽培農家の友人から、今年は大豊作と言うハスカップを500g、分けて戴きました。


b0097183_11184072.jpg



 大きいもので1cm程、ビタミンC、アントシアニン、カルシウムが豊富に含まれていますが、酸味が強いので、主に生食よりもジャムやお菓子の材料として使われます。


b0097183_1122581.jpg



 樽前山の麓の町、苫小牧市のマンホールの意匠はアイスホッケーと、町の名産ハスカップ、そして勿論樽前山


b0097183_11222410.jpg



 去年までの3年間をこの町で過ごしましたが、駅前商店街等のやや寂れた感じは否めないものの、市東部には、大手スーパーマーケット、家電量販店を始め、世界的に有名なカジュアルファッション店など、名の知られた一通りの店舗が揃っている上に、どこも広い駐車場付きで、住みやすい町です。
[PR]
by tsukitom | 2012-07-19 11:33 | | Comments(2)

実りの季節?

 今年も庭のクワの実が熟し始めました。


b0097183_1032135.jpg



 童謡、「赤とんぼ」の歌詞の2番、


 山の畑の桑の実を
 小籠に摘んだはまぼろしか



とある桑の実です。


b0097183_1034495.jpg



 赤くてきれいな実は酸っぱいけれど、熟して黒くなった実の方が甘くておいしいのです。


 この木の下を通る時にはついつい、ひとつ、ふたつ、みっつ・・・・、と摘まみ食い、指先と舌が赤紫に染まってしまいます。



 こちらは、近所の農家に5,6本あるサクランボの木、たわわに実って今が食べ頃の様ですが、このお宅とは面識がないので、眺めるだけ。


b0097183_1041168.jpg



b0097183_1044518.jpg



b0097183_105166.jpg

[PR]
by tsukitom | 2012-07-16 10:06 | 植物 | Comments(2)

可愛い物をみつけました。

 建築のお仕事をされている方から、こんな可愛いドアノブを教えて戴きました。


b0097183_2056030.jpg

 

b0097183_20555825.jpg



 子供じゃなくても、こんなドアノブの部屋を持っていると楽しいですね。
[PR]
by tsukitom | 2012-07-12 20:56 | 趣味 | Comments(2)

我流で剪定

 6年以上も手入れをさぼっていたイチイの木が雪の重みで、ある1本は30cmを残して幹が折れ、他の1本は枝が四方八方に拡がってしまうなど、どれもとっても無残な姿になっていました。


 それを思い切って我流で剪定しましたが、下枝の太さは5,6cmもあり、2日がかりの大仕事になりました。


b0097183_10293488.jpg



b0097183_109073.jpg



b0097183_11543540.jpg
 


 1.5m辺りで幹が折れてしまったこの木の、重なり合った枝の中には鳥の巣が隠されていました。



 手入れをさぼっていたおかげで計らずも、うまい具合に雨風を避けることのできる、巣作りには最適の場所を提供していたようです。


b0097183_1094032.jpg

       幸い既にヒナは巣立った後なのか、放棄されていたような巣で安心しました。


 やはり雪の重みで、うねるように地面に這ってしまっていたツルバラは昨年秋、何とか纏めて雪に備えておきましたが、もうすぐ満開になりそうで、楽しみです。
 

 
b0097183_11571787.jpg
         白い紐で縛ってあるのは見なかったことにしてください。
[PR]
by tsukitom | 2012-07-09 10:30 | 植物 | Comments(0)

2006年4月、東京から羊蹄山の麓、ニセコ町に引っ越し、の~んびり暮らしていますが、都会も恋しくなってきました。


by tsukitom
プロフィールを見る
画像一覧