<   2012年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

今年も新米できました

 今年も9月下旬に隣の田んぼの稲刈りが終りました。


b0097183_1131248.jpg

       秋晴れのニセコ連峰、 我が家からは直線距離で10Km程です。


 田んぼを作っているのはご近所の気さくなMさんで、我が家では彼とのおしゃべりと田んぼの移り変わりを楽しみにしています。


    辺りの緑も増してきた6月5日、田んぼに水が引かれ、
b0097183_1141185.jpg




    6月7日 大型の機械での田植えが始まりました。
b0097183_11415322.jpg




     6月9日 田植え終了。
   見える範囲の全てをMさんが作っていますが、他にも何か所かの田んぼを作っているそうです。
b0097183_11423990.jpg




      9月10日 稲はすっかり黄金色に色づき、
b0097183_11431851.jpg



 9月28日 いよいよ刈り取り作業ですが、突然の雨に襲われたりで、刈り取り終了までには5日程掛りました。
b0097183_11435211.jpg



 この刈り取り機は、稲を刈ると同時に籾(実)は機械の内部に、茎(藁)は田んぼにそのままに、一気に分けていきます。



 10月 田んぼに残った藁は大きなロール状に纏められ、後日どこかへ(飼料?)運ばれていきます。

b0097183_11441154.jpg


 これで今年の作業は終了し、まもなく広い雪原になります。
[PR]
by tsukitom | 2012-10-30 08:25 | | Comments(0)

コバルト・ブルー

 今朝、初霜が降りました。
 それもそのはず、今日の最低気温はマイナス2度の予報が出ていましたから。


b0097183_9504164.jpg



 つい先日の、まだまだ気持ちの良い秋を感じられていた10月16日、今年最後の庭の草刈りをしている時にコバルト・ブルーのニホンアマガエルを見つけました。


b0097183_12322815.jpg



b0097183_12325792.jpg



「体調3cm。全国の庭や野原、林の草原や低い木の上にすむ。まわりに合わせて体の色が変わり、雨の前にキャワキャワと高い声で鳴く。」

 と私の持っている図鑑に載っている通り、夏には我が家の庭はこのアマガエルが一杯いて、歩くたびにそこらじゅうからピョンピョンと飛び出してきます。


 夜は、部屋の明かりを目指して来る虫を捕食するためにガラス窓にへばりついていたりもしますが、結構可愛いヤツです。


 最近の屋外の気温は既に一桁、今日はマイナスになっていますから、このコバルトブルーもどこかで冬眠しているのでしょう。
[PR]
by tsukitom | 2012-10-25 09:52 | 動物・ペット | Comments(2)

ハロウィーン2012

 今年もニセコの街はハロウィーン・カボチャであふれています。


b0097183_9562979.jpg

                        ニセコ駅前


b0097183_9565661.jpg

                   道の駅、ニセコ・ビュー・プラザ


b0097183_10125117.jpg

                     我が家の玄関前も
  

b0097183_958437.jpg

          そして、居間にも、おもちゃカボチャを飾ってみました。

          あ、左側の緑色は、カボチャそっくりの我が家産、ピーマンです。
[PR]
by tsukitom | 2012-10-21 08:25 | | Comments(2)

秋の恵

 平年は10月2日ごろに観測される羊蹄山の初冠雪ですが、今年は暑く長かった夏の影響か、10月13日でした。


 山頂には殆ど毎日雲が掛っていて、我が家からは確認できなかったのですが、やっと今朝確認しました。


b0097183_941263.jpg



 もうすぐにでも里にも雪が降ることでしょうから、今月末には冬タイヤに交換しなくては・・・・・。


 ところで、我が家の秋は・・・・。


 10本あるナラの木は、森林組合の方もびっくりされる程の大豊作で、ドングリが山盛り落ちています。


 我が家に隣接の森にはリスが住んでいそうなので、雪にうずもれてしまわないうちに食べに来てほしいと思っています。

b0097183_95257.jpg



b0097183_954045.jpg



b0097183_96893.jpg
          全く手入れをしないにも関わらず毎年実を付けてくれる


b0097183_963682.jpg


 採れる場所は家族にも教えないという程、北海道人の大好物の落葉茸などが採れ始めました。

 これは味噌汁の実、たっぷりの大根おろしで酢の物、佃煮などにしますが、塩漬けにして春まで楽しむ家庭もあります。


b0097183_97263.jpg

 そして、こちらは友人に戴いたヤマドリタケは、バター炒めで戴きましたが、予想以上の美味しさでした。


b0097183_97445.jpg


 綺麗だけれど毒キノコの代表、ベニテングダケもありますが、これら秋の恵も、もうすぐ終わりです・・・・・。
[PR]
by tsukitom | 2012-10-16 09:13 | 自然 | Comments(2)

道東の旅(4) 熱気球体験

 釧路から十勝川温泉に移動、早朝の熱気球に乗りました。


b0097183_12143312.jpg



 北海道の太平洋側地域の特徴で、春から夏の終わりにかけては毎日のように霧の日が続きますが、午前6時半、十勝川河川敷での熱気球搭乗も生憎の霧の中で、地上約30メートル迄上昇したのですが、視界はボンヤリ・・・・、少々がっかりでしたが、初めての熱気球体験を楽しみました。


b0097183_12145440.jpg



b0097183_12151193.jpg



 体験時間は約5分ですが、籠の重量が軽くなるとそのまま直ぐに上昇してしまうため、「一人降りたら一人乗る」ので乗り降りに時間が掛り、浮いている時間は2~3分、1回2000円でした。


 帯広市内では、道立美術館のある緑ヶ丘公園でエゾリスにも会えました。


b0097183_12155937.jpg



 今回の旅行では、ラッコのクーちゃんには会えなかったけれど、国道や道道の脇を歩いていたり座っているキタキツネ、摩周湖のシマリス、釧路湿原のタンチョウヅル、帯広のエゾリスなど、北海道の自然に生きる動物たちに会えた旅でした。


 十勝川河川敷の朝露に濡れたクモの巣、造形が美しいです。
b0097183_1219352.jpg

[PR]
by tsukitom | 2012-10-10 19:09 | | Comments(4)

道東の旅(3) 釧路湿原

  前日の夕陽と大型客船を観た幣舞橋のたもとは、約4年前にラッコのクーちゃんが現れた場所です。


b0097183_11352523.jpg



 姿を見せなくなってからも、彼がよく現れていた場所には当時の姿と、特別に交付された住民票の写真が掲げてありました。


b0097183_11354748.jpg



 さて、この日は釧路湿原を走るノロッコ号に乗車、釧路~塘路間の往復、約2時間の旅を楽しみました。


b0097183_11472154.jpg



 今年は秋が遅く、湿原は未だ青々としたままで、夏の間もここで過ごしていたらしい数羽の白鳥を見かけただけでしたが、車内には湿原に生息しているエゾシカタンチョウツルの型(?)が置いてあり、「ここで記念写真をどうぞ」との車内放送がありました。


b0097183_11474865.jpg



  JR釧路駅では、車体一杯にコミック「ルパン3世」の絵が描かれた列車にも遭遇。


 どうやら作者のモンキー・パンチ氏が北海道浜中町の出身で或るところからのイベント列車のようでした。


b0097183_11495460.jpg



又、駅通路にはどなたかが撮られたほほえましい白鳥親子の写真が目を引きました。


b0097183_11495811.jpg




 
[PR]
by tsukitom | 2012-10-07 09:57 | | Comments(4)

道東の旅(2) 湖巡り

 旅の2日目はレンタカーを借りての湖巡り、先ずは、国道391号線を北上し、「霧の摩周湖」で有名な摩周湖へ。


 この旅行中の天気は雨、若しくは曇りの予報だったのですが、日頃の行いの良い我々は、快晴の摩周湖に巡り合え、どこまでも青い、碧い湖面と空と山々を心行くまで楽しむことができました。


b0097183_10471331.jpg



 湖畔では、シマリスゴジュウカラ達が餌のヒマワリの種を啄ばむ姿に心癒されました。


b0097183_10473927.jpg


b0097183_1048416.jpg



 2つ目の屈斜路湖の湖畔では、駐車場の直ぐそばに無料露天風呂を発見しましたが、特別の囲いもなく、しかも男女ほぼ混浴状態で、男性ハイカーの先客あり。


b0097183_10482734.jpg
                この直ぐ右側が露天風呂


 流石に(男性客が居なかったとしても)入浴する勇気はなく、足湯を楽しむだけに留めました。


 最後の阿寒湖へ至る国道241号線(阿寒横断道路)は、きつい登りのカーブ続きで、レンタカーは少々息切れ状態となり、途中の双岳台---雄阿寒岳雌阿寒岳の二岳を見晴らせます---で休憩。


b0097183_10525126.jpg



 阿寒湖は湖畔に沿ってホテル、旅館が立ち並んでいて、洞爺湖温泉街に良く似た雰囲気でした。


b0097183_10534275.jpg



 快晴に恵まれたこの日は、幣舞橋からの夕陽を観る予定もあり、日没前には釧路に戻るつもりで余りゆっくりする時間は取れなかったのですが、立ち寄ったまりも館の北海道らしい建物が印象に残りました。


b0097183_10534058.jpg


b0097183_10541943.jpg



 夕陽が沈み、幣舞橋を渡っていると、突然大きな汽笛が響き、振り向くと今まさに大型客船が釧路港を出港するところでした。


b0097183_10542947.jpg



 情報不足で全く知らなかったのですが、乗員・乗客計2,526人を乗せたアメリカ船籍の7万トンの客船、"LEGEND OF THE SEAS"で、船好きの私にとっては、ちょっと得した気分の1日でした。
[PR]
by tsukitom | 2012-10-04 11:03 | | Comments(4)

2006年4月、東京から羊蹄山の麓、ニセコ町に引っ越し、の~んびり暮らしていますが、都会も恋しくなってきました。


by tsukitom
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る