<   2013年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

山菜

 いつまでも寒い日の続いた今年の春でしたが、この数日は一気に夏になったようです。

 周囲には辛夷水仙ムスカリチューリップなどの花々が一斉に咲いています。


b0097183_1522656.jpg


b0097183_153211.jpg


b0097183_155203.jpg


b0097183_1555313.jpg




 春だけの楽しみ、山菜が次々に出てき始めましたが、「山菜採り」には興味がないので行きませんが、幸いなことにご近所さん、友人からたくさんの山菜を戴き、さっそく天ぷら、酢味噌、油いためなどで戴きました。


 唯一、私が採る山菜(?)は、庭のそこらじゅうに顔を出すフキノトウ、庭の片隅に出てくるウドで、これらも勿論天ぷらです。



 ニンニクの臭いがするギョウジャニンニクは天ぷら、醤油漬け

b0097183_14372929.jpg



 草ソテツとも呼ばれるコゴミは天ぷら、酢味噌和え、マヨネーズ和え


b0097183_1451459.jpg



 たらの芽は勿論、天ぷらに、ウドの新芽は天ぷら、茎と根本は酢味噌和え



b0097183_14522851.jpg




 このところ、我が家の夕食は山菜三昧です。


 もう少しするとチシマザサ(ネマガリタケ)を皮ごと焼いてお醤油をサッと掛けて食べるのも楽しみです。
[PR]
by tsukitom | 2013-05-29 08:27 | 自然 | Comments(0)

ヤチブキとミズバショウ

 今、ニセコではミズバショウの白とヤチブキ(エゾノリュウキンカ)の黄色の花が綺麗です。

b0097183_13124653.jpg



 ヤチブキのヤチは谷地のことで、北海道方言辞書というサイトに、

『やち△【野地・谷地】〔アイヌ語由来?〕[名] 1. 湿地。 2. 泥炭地。 3. 未舗装・未整地の土地。 』

とある通り、清流に沿った湿地などでよく見かけます。


 ヤチブキ特有の味と言うのは特になく、我が家ではサッと茹でて葉は酢味噌和え、茎はごま油で炒めて甘辛く味付けして戴きます。


b0097183_131440100.jpg



 花は観賞用に。


b0097183_13143737.jpg



 ヤチブキが清流を好むのに対し、ミズバショウは、耕作放棄された田んぼや、少し泥っぽい水路のような場所でも見ることができます。


b0097183_13152826.jpg



 そして、有名な『夏の思い出』の歌詞からも可憐なイメージが浮かびますが、北海道のものは巨大で、最初に見た時には驚きました。

 コーラの缶の大きさと比べてみてください。


b0097183_1315441.jpg

[PR]
by tsukitom | 2013-05-25 13:27 | 自然 | Comments(0)

函館 五稜郭の桜

 今年も我が家恒例の(?)五稜郭の桜を見に行ってきました。


 五稜郭の桜の満開は例年ならゴールデンウィーク中なのですが、今年は4月になっても寒い日が続き開花が遅れそうでしたので、5月9日、10日を予定していました。


 ところが、その前日になってもまだ『固い蕾』との事でしたので、急遽、13日、14日に変更しました。


b0097183_10493430.jpg



 幸い前日の12日には開花宣言が出されたので期待していたのですが、見たところ7,8分咲きと言うところでした。


b0097183_10424214.jpg



b0097183_10425971.jpg



b0097183_10433680.jpg



b0097183_1043514.jpg



 夜はさらに寒く、厚手の上着を着て、寒さに震えながらの夜桜現物でした。


b0097183_10442114.jpg



b0097183_10444037.jpg


  
 五稜郭の入り口に、函館戦争当時の軍艦を模した山車が並んでいたのですが、これは18日、19日に開催の『函館五稜郭祭』に使用されるもののようです。


b0097183_1044598.jpg



 この祭りでは、「土方歳三コンテスト」を始め、当時の旧幕府軍、新政府軍、新撰組などの扮装で、戦いの様子のパフォーマンスを行いながらのパレード等があるらしいのです。


 又、五稜郭に隣接する北海道立函館美術館では、5月6日まで東京都写真美術館で開催されていた「日本写真開拓史・北海道東北編」が開催されますので、今週末、もう一度函館に行ってきます。


b0097183_10484483.jpg

[PR]
by tsukitom | 2013-05-18 09:59 | | Comments(6)

ミズバショウ

 若いころ、尾瀬にミズバショウを見に行ったことがあります。


 鳩待峠を越え、尾瀬沼を縦断して山小屋まで行き、すぐに折り返したのですが、
秋口でしたの陽が落ちるのが早く、鳩待峠に帰り着くまでに辺りはどんどん
薄暗くなり、気付けば人影もまばら・・・、走るように歩いたのを思い出します。

 あんなに心細かったことはありません。


 実は北海道にはそこら中にミズバショウが群生していて、ニセコでは国道沿いでさえも何か所も見ることができます。


b0097183_10434921.jpg



 我が家の周囲には農業用水が流れているのですが、その水路沿いにも、ポツポツとミズバショウが花を咲かせています。


b0097183_10442031.jpg



 2,3日前にはこの水路でザゼンソウを見かけたので、今朝、写真を撮りに行ったのですが、見つかりませんでした。


 その代り、こんなサトイモのような球根を見つけました。


b0097183_10445842.jpg



 どうやら、これがその球根から出た葉ではないかと思うのですが、いったい何なのかわかりません。


b0097183_10451129.jpg


 ご存知の方がありましたら、是非教えてください。
[PR]
by tsukitom | 2013-05-13 10:51 | 自然 | Comments(2)

今日のニセコ

 ゴールデンウィーク中、ずっと!!、酷いお天気の続いたニセコですが、昨日から少し春の日差しが戻ってきました。


b0097183_16353535.jpg



 ニセコ駅前の桜ヶ丘公園の野草もやっと咲き始めましたが、満開は暫く先の様です。


b0097183_16361490.jpg
                  カタクリはまだ殆どが蕾


b0097183_1636127.jpg
                  エゾエンゴサク


b0097183_16364985.jpg
            紫のカタクリと、白いキクサキイチゲ                


 例年なら連休中には丘全体が、ピンクに色に染まって見えるほど一面の花が咲き、多くの観光客が写真撮影に余念のない場所ですが、今日は私一人でした。


 我が家の玄関前からの今日の羊蹄山、庭にはまだ雪が残っています。
b0097183_16365368.jpg



 ニセコアンヌプリです。
b0097183_16374071.jpg



 
[PR]
by tsukitom | 2013-05-08 16:45 | | Comments(6)

春の気配

 寒い寒い5月です。

 最低気温が一桁にとどまったまま、夜間は氷点下にもなるようで、ニセコ地方には『低温注意報』が出ています。


b0097183_163905.jpg


 長い冬が終わって、動物たちもウキウキしているのでしょうか、キタキツネが庭を我がもの顔で歩き回っているのを何度か見かけましたが、今日はついに(?)、母屋1階部分の倉庫の中を探検していました。





 また、ハクセキレイツグミホオジロカワラヒワも見かけるようになりましたが、

b0097183_16535839.jpg
   ハクセキレイ (尾が長く、ピョコピョコさせながらツ、ツ、ツッーと走ります)


b0097183_16535343.jpg
  ツグミ (スズメよりも大きく、ムクドリやヒヨドリと同じくらい、の大きさです)


b0097183_16544276.jpg
         ホオジロ (スズメと同じくらいの大きさです)


b0097183_1654421.jpg
       カワラヒワ (ネットから写真を拝借しました<(_ _)>)


 なんといっても嬉しいのは、早くも昨5月1日に、玄関の軒下の巣にツバメが帰ってきてくれたことです。


b0097183_16554870.jpg

[PR]
by tsukitom | 2013-05-02 17:02 | 自然 | Comments(3)

2006年4月、東京から羊蹄山の麓、ニセコ町に引っ越し、の~んびり暮らしていますが、都会も恋しくなってきました。


by tsukitom
プロフィールを見る
画像一覧