<   2013年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

カウベル?

 我が家の建っているのは、20年以上前に離農した農家さんの土地で、今もその農家さんの住宅が残っていて、納屋として使っています。


 その納屋を整理していて、こんなものを見つけました。

b0097183_8552420.jpg
           相当使い込まれているらしく、革のベルトはボロボロです。


b0097183_8553387.jpg



 入っていた箱には「N45,5kg」とありますが、実際には約800g直径13cm、高い澄んだ音のするこれはカウベルではないかと思います。


b0097183_8555686.jpg
 



 又、この納屋(右)に隣接して、元は馬小屋だったという建物(左)もあったのですが、老朽化が激しく、撤去しました。

b0097183_9121195.jpg


 ところが今年の冬、この馬小屋で飼われていたと思われる馬の古い蹄鉄が、庭のコナシの木の掛けられたまま忘れられられているのを見つけました。


b0097183_859687.jpg

 どんな馬や牛がここに住んでいたのか、今はもうこの辺りでも見ることのないその風景を想像しています。
 


 
[PR]
by tsukitom | 2013-06-29 08:29 | 生活 | Comments(4)

コナシ

 大きなエゾマツの根元に生えているコナシの木があります。


b0097183_9304955.jpg



 上部をエゾマツに遮られて横へ、横へと枝を伸ばしているのですが、自身の枝の重みに耐えかねて折れてしまいそうです。


 毎年、桜の終わった頃、今年は6月1日に、白い可憐な花が満開になりました。


b0097183_9313293.jpg


b0097183_9322742.jpg



 梅の実そっくりの青い実が成るのですが、残念ながら毎年、熟す前に落ちてしまうので、今年は注意して見守っていこうと思っています。


b0097183_9324689.jpg


 普段、余り通ることのない、納屋の裏にも2m位のコナシの木があるのを発見、ここは日当たりがあまり良くないせいか、6月中旬に満開、とても得をした気分です。


 今は、このあたりの草刈りに精を出しているところですが、刈っても、刈っても、終わりがないように感じます・・・。
[PR]
by tsukitom | 2013-06-23 08:58 | 植物 | Comments(2)

ライラック

 毎年6月初旬には札幌ライラック祭りが開催されるのですが、今年はい春が遅かったため、花の開花が遅れていました。


 6月6日、札幌大通公園のライラックは満開でした。


 町を歩くと、普段は気付かなかった場所や、小さな公園、住宅の庭などにも、思いがけず多くのライラックが咲いていて、やはり札幌はライラックの町なんだと改めて感じました。


b0097183_1103022.jpg


b0097183_1105050.jpg


b0097183_1111164.jpg


b0097183_111479.jpg


b0097183_1143241.jpg


 白、ピンク、藤色、紫の3色の花を見つけました。
[PR]
by tsukitom | 2013-06-18 09:35 | 植物 | Comments(4)

シバザクラ @ 倶知安

 年々、規模が拡大、それにつれて有名になってきている倶知安町三島さんのシバザクラを、今年も見に行きました。


b0097183_1137575.jpg



b0097183_11363730.jpg



 例年は6月初旬に満開になるのですが、今年は春が遅かったせいで遅れ、三島さんによると、この日6月10日が最高とのことでした。

b0097183_11374217.jpg



 元農家の三島さんは、66歳の時に総ての仕事をリタイア、庭に植えていたシバザクラを手始めに増やし続け、約10年後の今はその見事さが近隣にも知られるようになり、JRの企画や、札幌からの観光ツアーにも組み込まれるようになっています。


b0097183_83721.jpg



 あと10年は頑張るとおっしゃっていた三島さん、来年も、再来年も楽しみにしています。
 
[PR]
by tsukitom | 2013-06-16 08:33 | 植物 | Comments(2)

アオサギ

 お隣の田圃の田植えが始まりました。


 この農家さんは複数個所で田を作っているそうですが、我が家の隣だけでも7枚の田圃があります。


 とはいえ、1枚の規模などには全く知識がないのですが、ともかく畔で囲まれた水田が7つあります。


 作業は総て大型機械で、80歳代のお父様と息子さんの二人での作業は二日で終わりました。


b0097183_10424766.jpg
               軽トラックで運び込まれた苗


b0097183_10475612.jpg
                田植え機にセットして往復


 田圃に水が入った途端、夜はカエルの大合唱が始まっていますが、早速、アオサギも飛来して食事中のようです。


b0097183_10505890.jpg


b0097183_10512392.jpg


b0097183_1051384.jpg

[PR]
by tsukitom | 2013-06-11 10:55 | 自然 | Comments(2)

田圃の朝、夕

 お隣の田圃の雪がやっと融け、土が乾いたら田起こし、水入れ、そして代掻きが終わりました。

 朝の、青い空を映した田圃と、夕焼けに染まる田圃です。


b0097183_19471257.jpg



b0097183_19465333.jpg

 明日あたりは田植えではないでしょうか・・・・・。


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


 大辞林に依ると、

 田起こし・・・・収穫後や稲を植える前の乾いた田の土を掘り起こし、細かく砕く作業。田打ち。

 代掻き・・・・・田植えのために、田に水を入れて土を砕いてかきならす作業。田掻き。
 

 
[PR]
by tsukitom | 2013-06-06 19:49 | 自然 | Comments(0)

エキノコックス

 北海道には、エキノコックスという名前の寄生虫が主に肝臓に寄生しておこる病気があり、北海道の調査に依ると、毎年10数名の患者が見つかっているそうです。


 主にキツネと野ネズミに寄生し、エキノコックスの卵に汚染された沢水などを直接口にしたり、卵が付着した手指を介して人にも感染することがある恐ろしい病気で、感染後、数年から10数年の潜伏期後、肝機能障害や黄疸等の症状が現れ、やがて肺や脳に転移したり、命にかかわることもあるそうです。


 ニセコ町ではエキノコックス駆除を目的に、ベイトと言う虫下しを散布し、キツネに食べさせる試みを行って、今年で5年目になりますが、今年初めて、この散布ボランティアに応募しました。

b0097183_14123981.jpg



 ベイトは、「虫下し」を魚のすり身に混ぜたもので消しゴム大の大きさです。


b0097183_14125891.jpg



 過去にキツネの糞が発見されている場所、といってもほぼ町内全域ですが、それを3区域に分け、二人一組で、車をゆっくり走らせながら約100m間隔で散布しました。


b0097183_14131922.jpg


 今年は、5月から11月まで、月に1度、1回に約1400個を散布の予定です。


 ニセコ町に住んで7年になりますが、全く通ったことのない町道などを覚えるいい機会にもなりそうです。
[PR]
by tsukitom | 2013-06-01 13:07 | 動物・ペット | Comments(2)

2006年4月、東京から羊蹄山の麓、ニセコ町に引っ越し、の~んびり暮らしていますが、都会も恋しくなってきました。


by tsukitom
プロフィールを見る
画像一覧