人気ブログランキング |

<   2016年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

神田川・日本橋川クルーズ


 生まれ育った広島市は太田川と、その支流の河口に発達した三角州(デルタ地帯)の上に位置する町で、一級河川6本が市内を流れています。


 身近に川が流れ、どこへ行くにも必ず橋を渡るという町で育ったせいか、川が大好きで、東京で住んだのもやはり荒川、隅田川の傍でした。


 東京へ行くと毎回必ず隅田川クルーズ船には乗るのですが、12月にはお目当ての『ヒミコ』にほんの僅かの時間差で乗ることができず、残念な思いをしたのですが、今回は幸い、運航日が限られていて、なかなか乗るチャンスがなかった神田川・日本橋川のクルーズを楽しむことができました。


 日本橋の袂の船着き場から出発、40本の橋の下をくぐって進むと言うもので、川好き、橋好きの私にとっては、結構寒いけれども、とても楽しい時間でした。


 渡ったことのある橋、名前を知っている橋は勿論、それらの殆どが下から眺めるのは初めての橋です。

   
 
b0097183_14135174.jpg
                  記念にもらったクリアホルダー


  先ずはお江戸日本橋を出発
b0097183_14162956.jpg



 日本橋川にかかる高速道路の下の常盤橋
b0097183_14181861.jpg



 その付近では江戸城の石垣の補修工事が行われていました。
b0097183_14195320.jpg



 途中の橋には「大正7年」と刻まれたレリーフや、
b0097183_14503243.jpg



関東大震災後に修復されたことを示す「復興局建造」と書かれたプレート、
b0097183_1450513.jpg



江戸時代からの排水溝等、興味深い物を見ることが出来ました。
b0097183_1451101.jpg



 雉子橋俎板橋などを過ぎ、三崎橋からは神田川へ。


 地下鉄丸ノ内線後楽園駅から球場に行くときに渡る聖橋は、近くの湯島聖堂ニコライ堂、二つの聖堂を結ぶ橋という事で名づけられた、好きな橋の一つです。
b0097183_14514445.jpg



 ちょっと前までは交通博物館として利用されていた旧万世橋駅、今はショッピングモールです。
b0097183_14534798.jpg



 神田川から、時代小説でおなじみの柳橋を過ぎて隅田川
b0097183_14541295.jpg



 新大橋越しに見る東京スカイツリー
b0097183_14542975.jpg



 永代橋と、佃のリバーシティ21の高層マンション群
b0097183_14544890.jpg



 永代橋の手前から日本橋川に戻り、帆掛け船のレリーフのある橋は湊橋
b0097183_1455469.jpg


b0097183_14551535.jpg




 寒いと言いながらも楽しんでいるうちに90分のクルーズはアッと言う間に終わりました。


 次回は橋の名前と姿が一致するようにしっかりと見てきたいと思っています。






by tsukitom | 2016-03-19 10:26 |

マンサク

 函館の亀田川沿いに1本だけある「マンサク」の花が咲いていると聞き、探しに出かけてみました。


 頼りは、「宮前町の亀田川沿い」という情報だけで、その日は残念ながら見つけることができませんでしたが、割合暖かい日でしたので約4キロ程の散歩を楽しみました。


 以来、気にしていたのですが昨日、なんだかお蕎麦が食べたくなって寄ったお店の裏で偶然にマンサクを発見しました。


b0097183_16255094.jpg



 このお店には時々行っていたので、まさに「灯台元暗し」でした。


b0097183_16263696.jpg



 丁度お昼時とあり、店内が混んでいましたので、おひとりで座っていらっしゃる70歳後半かと思われるご婦人にお断りして、隣に掛けさせていただきました。


 ご迷惑ではありませんか?と伺ったところ、とんでもないとおっしゃて下さったので、待つ間、少しお話を楽しみました。


 このご婦人は、ここのマンサクの事はよくご存じでしたので、函館の方には知られている木なののかもしれません。


 この木の事を話題にしたブログを何件も見つけましたので、皆さん、私と同じころにここを訪ねていらしたのですね。


 名前の謂れは、春一番に咲くことから、東北の方言で「まんず咲く」が変化して「マンサク」になったと聞きました。


b0097183_16265256.jpg



 花言葉は「幸福の再来」、春一番、幸福の再来、もうすぐ春ですね。




by tsukitom | 2016-03-10 16:33 | 植物

3月3日

 3月に入り、やっと「2016年」と言ういい方に慣れてきました。


 1996年に父が亡くなって20年、2006年に母が亡くなって10年になります。


 今、同年代の友人に会うと、親の介護が話題になる事が多いのですが、両親とも70歳代で亡くなりましたので、介護の苦労はそれほどなかったものの、やはり大変ではあっても、もう少し長く一緒に居たかったと思います。


 あまり外出することのなかった母の趣味は手芸で、入院中もセーターを編んだり、刺しゅうや、レース編みをしていました。


 今年も、母が元気だったころに作ってくれた木目込みのおひな様を飾りました。


 何度かの引越しのせいで、付属の「ぼんぼり」や「屏風」をなくしてしまいましたので、造花の桃を添えてみました。


 
b0097183_11464082.jpg



 「立雛」、「連獅子」、「童人形」などは人に差し上げたりして手元には無いのですが、せめて写真位は残しておけばよかったと、母の居ない今になって思っています。


           *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆



 25年以上も前に、オランダの取引先から勤務先に送られてきたアマリリスの球根を社員で分けて持ち帰りましたが、今年も次々に大きな花を咲かせてくれました。


 
b0097183_11445221.jpg
                


 
b0097183_11451352.jpg




 3鉢のうち、1本の茎に2つ花をつけるもの、3つつけるもの、4つつけるものとがあり、ほんのわずかな違いですが、オレンジとの2種類があります。


 時々肥料を与える程度で、植え替え等の手入れは全くしていないのですが、毎年律儀に花をつけてくれます。



by tsukitom | 2016-03-03 11:39 | 生活

2006年4月、東京から羊蹄山の麓、ニセコ町に引っ越し、の~んびり暮らしていますが、都会も恋しくなってきました。


by tsukitom
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る